【2016鈴鹿8耐】開幕まで1ヶ月!主要各チームの布陣が出揃う

©KANSENZYUKU

 7月28〜31日に鈴鹿サーキットで開催される2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回耐。開幕まで1ヶ月を切り、主要チームの参戦体制が続々と明らかになってきている。

 今年もヤマハ、カワサキ、ホンダ、スズキの各陣営が有力海外選手を起用するなど必勝体制を組んでいる。昨年は終わってみればヤマハの圧勝だったが、今年は4メーカーが入り乱れる激戦になりそうだ。

©KANSENZYUKU

 昨年、19年ぶりに優勝を果たしたヤマハ陣営。ファクトリーチームのYAMAHA FACTORY RACING TEAMは全日本4連覇中の中須賀克行と現役MotoGPライダーのポル・エスパルガロの昨年優勝メンバーを再び起用。第3ライダーにはワールドスーパーバイクで活躍中で昨年も鈴鹿8耐に参戦したアレックス・ロウズが加入する。昨年の圧倒的な速さが今年も実現されれば、2連覇の可能性も十分ある。

 さらに今年はYART YAMAHA Official EWC Teamもファクトリー体制で参戦。エースのブロック・パークスに加えヤマハ期待の若手ライダーである野左根航汰、藤田拓哉を起用。全日本ロードレース選手権でもアグレッシブな走りを毎回みせている2人が鈴鹿8耐でどんな活躍を見せるのか、目が離せない。

©KANSENZYUKU

 対するホンダ勢。MUSASHi RTハルク・プロは高橋巧、マイケル・ファン・デル・マークの例年同様のコンビに加え、今年は元MotoGP王者のニッキー・ヘイデンを召集。昨年はケーシー・ストーナーを起用し序盤はトップを快走していたが、開始1時間を過ぎたところで悔しい転倒リタイア。そのリベンジを果たすべく鈴鹿に乗り込んでいく。

 F.C.C. TSR Hondaは、今季からチームに加入しEWCにも参戦する渡辺一馬と昨年・一昨年と鈴鹿8耐で大活躍したドミニク・エガーター、そしてワールドスーパースポーツで参戦中のパトリック・ジェイコブセンのメンバーで臨む。今季は世界耐久選手権(EWC)に挑戦。今回も同レースで使用しているゼッケン5番を使用する。耐久レースの経験を積んで臨むレースとなるだけに、今までにないTSRの戦いぶりが見られそうだ。

©KANSENZYUKU

 スズキ陣営も体制が明らかに。第1回大会で優勝を果たした名門ヨシムラ・スズキ・シェル・アドバイスはエースの津田拓也に、鈴鹿8耐参戦経験のあるジョシュ・ブルックス、そして第3ライダーにTeamKAGAYAMAで活躍していた芳賀紀行が加入する事になった。1996年の鈴鹿8耐覇者で、ここ最近は3年連続で3位表彰台にも貢献。7年ぶりの優勝を目指すヨシムラにとっては強力な助っ人になりそうだ。

 加賀山就臣率いるTeamKAGAYAMAは、昨年サプライズで召集した清成龍一を再び抜てき。全日本ロードレース選手権でも起用している浦本修充もメンバーに加わり、鈴鹿をよく知る3人で4年連続の表彰台、そして悲願のチーム初優勝を狙う。

©KANSENZYUKU

 そして、今年ヤマハの最大のライバルとなりそうなのがカワサキ勢だ。2014年からメーカー直径のTeamGREENが鈴鹿8耐に参戦。全日本でも陣営のエース的存在である柳川明、渡辺一樹を中心に臨んできた。そこに今年は2013・2014年に鈴鹿8耐を制したレオン・ハスラムが第3ライダーとして参戦。速さも経験も兼ね備えているハスラムの加入は、間違いなくチームにとって追い風になるだろう。さらに今年は戦闘力が大幅にアップした新型「ZX-10R」を導入。ストレートスピードは群を抜く速さを見せており、昨年圧倒的な速さをみせたヤマハ「YZF-R1」を対抗する勢いだ。

 カワサキのプライベーターであり、今年もエヴァンゲリオンとのコラボで注目を集めるトリックスター。こちらは昨年同様に出口修、井筒仁康、エルワン・ニゴンのトリオ。昨年は予選トップ10入りを果たすも決勝直前のウォームアップでクラッシュ。フレームにまで損傷が及んでおり万全の状態でレースを戦う事ができなかった。今年は新型マシンを手に、完璧なレース運びをみせて表彰台獲得を目指したいところだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今年も決戦の舞台となる鈴鹿サーキットでは、7月4日から公式合同テストが開始。これを皮切りに、いよいよ鈴鹿8耐に向けた本格的な準備が始まっていく。

 長々とした説明になってしまったが、それだけ今年も各陣営が勝つために最高のライダーを召集。一瞬たりとも目が離せない8時間の戦いになっていくだろう。




【2016鈴鹿8耐】公式合同テスト:タイムスケジュール

TimeSchedule
1日目:7月4日(月)
12:00〜12:45セッション1/A.Gr
13:00〜13:45セッション1/B.Gr
15:15〜16:30セッション2/A.Gr
16:45〜18:00セッション2/B.Gr
18:40〜19:50セッション3(ナイト)/A・B.Gr混走
2日目:7月5日(火)
9:00〜9:40セッション4/A.Gr
9:55〜10:35セッション4/B.Gr
10:50〜11:30セッション5/A.Gr
11:45〜12:25セッション5/B.Gr
14:00〜15:30セッション6/A.Gr
15:45〜17:15セッション6/B.Gr
3日目:7月6日(水)
9:00〜9:40セッション7/A.Gr
9:55〜10:35セッション7/B.Gr
10:50〜11:30セッション8/A.Gr
11:45〜12:25セッション8/B.Gr
14:00〜15:30セッション9/A.Gr
15:45〜17:15セッション9/B.Gr




【F1】2016ヨーロッパGP(アゼルバイジャン):レースレポート

©Pirelli
©Pirelli

2016年のF1第8戦ヨーロッパGPが6月17〜19日まで、アゼルバイジャンのバクー・シティ・サーキットで開催された。

今季から初開催となるバクー。壁に囲まれた市街地コースの割に非常に高速なレイアウト。さらに途中にはマシン1台しか通れない狭いポイントも存在するという、かなり異例のコースレイアウト。木曜のコース下見から様々な意見が飛び交った。

いざ金曜に走行セッションが始まると、初コースということもあってかアクシデントが続出。ダニエル・リカルド(レッドブル)が早速ウォールの餌食になると午後のセッションでも多くのマシンがコースアウトを喫していた。さらに土曜のフリー走行3回目にはセルジオ・ペレス(フォース・インディア)もウォールにヒットするなど、各陣営とも攻略に苦労している様子だった。

©Pirelli
©Pirelli

そして迎えた公式予選も終始波乱の展開に。まずQ1ではここ数戦はポイント争いに絡む活躍していたジェンソン・バトン(マクラーレン)が、いきなり19番手で敗退。うまくタイミングをつかめなかったことが主な原因だが、今回のバクーは長いストレートが多く、まだまだエンジンパワーが足りていないホンダ勢には不利な状況に。僚友フェルナンド・アロンソも予選Q2で敗退してしまった。

ポールポジションが決まるQ3では、今回も優勝最有力候補と言われていたルイス・ハミルトン(メルセデス)が、道幅が狭いターン9〜11のセクションでウォールにヒット。サスペンションにダメージを負ってしまう。十分にアタックを完了していなかったため、10番手に沈んでしまった。

一方、そのライバルと目されていたニコ・ロズベルグ(メルセデス)はきっちりタイムアタックを決めポールポジションを獲得。2番手にはFP3でのクラッシュから復帰したペレスが食い込むがギアボックス交換によるグリッド降格ペナルティを受けてしまう。3番手にはリカルドが続いた。

19日の決勝日。同日にフランスでル・マン24時間レースが開催されていたため、そのゴールシーンと重ならないようにいつもより1時間遅らせてのレーススタート。ホールショットを奪ったロズベルグが後続との差を広げレースを進めていく。一番の強敵であるハミルトンは10番手からのスタートということで、混戦の中でレースをすることに。中盤には5番手まで浮上するが、トラブルによりペースダウン。今回は我慢のレースとなってしまった。

またグリッド降格ペナルティで7番手からスタートを切ったペレスが見せ場を作る。メルセデスのストレートスピードを生かし着実に順位をあげ、最終ラップでついに3位浮上。今季2度目の表彰台を獲得した。

©Pirelli
©Pirelli

結局、スタートからライバルを寄せつけない走りを披露したロズベルグが今季5勝目をマーク。スペインGPでの同士討ち以降、不運が続いていたが、自らの走りで悪い流れを断ち切った。2位にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が食い込み、着実にポイントを重ねランキング3位をキープしている。

マクラーレン・ホンダ勢はアロンソがトラブルでリタイアを喫するが、バトンは粘り強く走り11位完走を果たした。




【F1】2016カナダGP:決勝ハイライト動画

2016年のF1第7戦カナダGP。現地時間の6月12日に行われた決勝レースの模様をまとめたハイライト動画が、F1公式サイトで公開されている。


http://www.formula1.com/content/fom-website/en/video/2016/6/Race_highlights_-_Canada_2016.html




【F1】2016カナダGP:レースレポート

©Pirelli
©Pirelli

2016年のF1第7戦カナダGPが6月10〜12日に開催された。

今年もモントリオールのジル・ブルヌーブサーキットが舞台。公式予選では、コースのすぐ先がコンクリートウォールというレイアウトに、特に若手ドライバーが苦戦。リオ・ハリアント(マノー)、カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)などが相次いでクラッシュを喫していた。

そんな中、メルセデス勢は今回も好調。最終Q3では2台が激しくポールポジション争いを行い、結果ルイス・ハミルトンが0.062秒差でチームメイトのニコ・ロズベルグに競り勝ち今季3度目のポールポジションを獲得した。

翌12日の決勝日。スタートでは3番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が好ダッシュを決めトップで1コーナーへ。それにメルセデス2台が続くが、またしても接触。ロズベルグがランオフエリアに押し出される格好となり、大きく順位を下げてしまった。なおレースアクシデントとして両者お咎めなしとなっている。

©Pirelli
©Pirelli

序盤からトップ争いはベッテルとハミルトンの一騎打ちモードになるが、今回は両者の戦略が分かれることになる。11周目にベッテルは早々とピットイン。予選で使用したウルトラソフトタイヤは長持ちしないと判断したのかスーパーソフトタイヤに切り替える。一方のハミルトンはモナコGP同様にウルトラソフトタイヤでロングランを敢行。なんと24周目まで引っ張りピットイン。ここで今週末の中で一番硬いソフトタイヤを選択。そのまま最後まで走りきる作戦だ。

レース中盤はベッテルがリード。なんとか自身2回目のピットストップ分の時間を稼ごうとするが、追いかけるハミルトンもそれを阻止しようと全力で走行。目に見えない2人の攻防戦に観客も釘付けになっていた。

結果的に10秒ほどしかアドバンテージを作ることができず37周目にピットイン。これでハミルトンが逆転し再びトップへ。そのまま最後まで逃げ切り、前戦モナコGPに続いて今季2勝目を飾った。2位にはベッテルが続き、3位にはバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)。今季初の表彰台となった。

序盤に思わぬ後退を強いられたロズベルグは終始後手の展開となり、5位でフィニッシュ。ポイントランキングでは首位を維持できたものの、ハミルトンに9ポイント差まで迫られ、序盤戦で築いたアドバンテージがなくなってしまった。

©Pirelli
©Pirelli

マクラーレン・ホンダ勢はここ数年の力強い走りから一転し、我慢の決勝レースに。ジェンソン・バトンは序盤にマシンから白煙を上げてストップしリタイア。フェルナンド・アロンソもペースが上がらず予選順位より下の11位でレースを終えた。

©Pirelli
©Pirelli




【2016ル・マン24h】今年も開幕!公式アプリでレースの様子をリアルタイムでチェックしよう!

©FIA WEC
[2015年のル・マン24時間の様子(©FIA WEC)]

いよいよ、今年も伝統の2016ル・マン24時間耐久レースが、日本時間の15日23時00分に開幕を迎える。

昨年は圧倒的な強さをみせたポルシェに対し、リベンジを果たすべくアウディは大幅改良を施したR18を用意。初の総合制覇を目指すトヨタもTS050ハイブリッドを投入。中嶋一貴と小林可夢偉の活躍にも期待がかかる。

さらにLMP2クラスには中野信治、松田次生、平川亮など全クラス合計で9人の日本人ドライバーが参戦。彼らの活躍からも目が離せない。

今年もJスポーツでル・マン決勝の模様を生中継される他、トヨタはお台場メガウェブでパブリックビューイングを開催する。

ただ、それでも現地のナイトセッションは放送されないため24時間を通してレースの模様を追いかけるのはなかなか至難の業。そこで是非おすすめしたいのが、ル・マンの公式アプリだ。
アプリはiOS用、Android用をそれぞれダウンロードできる。

World Endurance Championship®

アプリ自体は無料でダウンロード可能。参戦するチーム・ドライバー情報はもちろん、ライブタイミングも24時間通して確認できる他、定期的に配信されるハイライト動画も視聴可能だ。なお、このアプリはスマホ、タブレット限定となっている。

さらに追加有料コンテンツ(ル・マンのみは1,200円)を購入すれば、公式映像をライブストリーミングも利用可能。実況は英語ではあるがル・マンの公式映像を24時間通して視聴することができる他、ポジションマップも表示されるため、より深くル・マン24時間レースを観戦することができる。

この他にも、WEC公式サイトではライブタイミングも配信される。是非こちらも観戦のお供として活用してみてはいかがだろうか。

2016ル・マン24時間耐久レーススケジュール
SessionDayTime
フリー走行15日(水)23:00〜27:00(16日3時)
予選1回目16日(木)5:00〜7:00
予選2回目17日(金)2:00〜4:00
予選3回目17日(金)5:00〜7:00
ウォームアップ18日(土)16:00〜16:45
決勝スタート18日(土)22:00〜
決勝ゴール19日(日)〜22:00

 




【S耐】2016第3戦鈴鹿:逆転に次ぐ逆転!波乱の雨のレースをENDLESS・ADVAN・GT-Rが制する

©KANSENZYUKU

 2016年のスーパー耐久第3戦「鈴鹿S耐サバイバル」の決勝レースが12日、鈴鹿サーキットで開催された。

 今回の鈴鹿でのS耐は4時間耐久で初のナイトチェッカーが導入されるなど見所盛りだくさんのレース。朝から熱心なレースファンが集まり、決勝日だけで10,000人を動員した。しかし決勝日は朝から雨がパラつくなど、あいにくの曇り空。決勝直前には一瞬小雨模様となり各車ともにタイヤ選択に悩む場面が見られた。

 結局、大半がスリックタイヤのままレースがスタート。序盤の6周目にコース上の落下物を回収するためセーフティカーが導入されたが、その後はリタイアするマシンもほとんど出ず順調にセッションが進行した。

©KANSENZYUKU

 総合でもトップ争いをするST-Xクラスは今季2連勝と絶好調のNo.24スリーボンド日産自動車大学校GT-Rがトップをキープ。これをNo.3ENDLESS・ADVAN・GT-R、No.89HubAuto Ferrari 488GT3が追う展開となった。

 ドライコンディションでは速さをみせていた24号車だったが、開始1時間を経過するあたりから雨が強くなり出し、レインタイヤを求めて1回目のピットストップへ。ここで24号車は平峰一貴のまま2スティント目に突入したが、3号車はYUKE TANIGUCHIに交替して2スティント目に突入していった。

 開始1時間を過ぎるとコース上は完全にウエットコンディション。ここで驚くほどの速さを発揮したのが89号車のフェラーリ488GT3。こちらも2スティント目に突入した坂本祐也がGT-R勢より1周あたり4秒速いペースで周回し、37周目にトップ浮上。そのままの勢いで一時は20秒以上の大量リードを築いた。

©KANSENZYUKU

 スタートから2時間20分を過ぎたところで、89号車が2度目のピットイン。モーリス・チェンに交替。最終スティントに控える吉本大樹につなげるためにも、少しでもリードを維持したかったが、そのピットストップの際にピットロードでのスピード違反が判明。痛恨のドライブスルーペナルティを受けてしまった。

 これでトップは再びGT-R勢。雨脚が強くなった中盤に2番手にたっていた3号車(峰尾恭輔)がラップリーダーとなる。

 残り1時間をきって、いよいよナイトセッションに突入。トップを快走していた3号車は2番手以下に1分以上の差をつけて順調に走行。このまま今季初優勝へ向けまっしぐらかと思われたが、彼らにはもう1度ピットストップを行う必要があった。

 ST-Xクラスでは国内外のトップカテゴリーで活躍のある「プラチナドライバー」が乗車できる上限が全体の40%(鈴鹿4時間では96分)と定められており、残り30分を切ったところで峰尾のスティント制限がきてしまう。そのため、勝負はまだついておらず緊迫した攻防戦が続いた。

©KANSENZYUKU

 そしてゴールまで残り30分というところで3号車が最終のピットストップへ。スタートを担当した山内が再び乗り込んでコースに復帰。幸いトップで戻れたが、背後にはNo.5Mach MAKERS GTNET GT-Rが迫っていた。

 5号車は3人のドライバーが必要分を踏まえたロングスティントを敢行し2ストップ作戦で勝負。その結果、序盤こそST-Xクラスの中団グループにいたが、残りわずかというとこで優勝のチャンスを大きくした。

 あっという間に2台は接近戦に。逃げる山内も他クラスのマシンをかわしながら応戦したが、残り18分のところでついに逆転。5号車を駆る藤波清斗はそのままの勢いで3号車を引き離しゴールを目指した。

 ところが、チェッカーまで残り5分と迫ったところで、まさかのガス欠に。コース脇でストップしてしまうという予想外の事態が発生してしまった。これで再びトップを奪い返した3号車が101周を終えたところでトップチェッカー。念願の今季初優勝を飾った。2位には89号車のHubAuto、3位には24号車のスリーボンド日産自動車大学GT-Rが続いた。

©KANSENZYUKU

 今年は同じGT-Rで戦う24号車の先行を許していた3号車だったが、ようやくの今季初勝利。2年連続のチャンピオンに向けて大きな前進となった。

 ST-2クラスは新菱オートDICXEL エボXがSUGO戦に続き2連勝。ST-3クラスはNo.38MUTA Racing TWS IS350が開幕3連勝を果たしている。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 またST-4クラスはNo.86TOYOTA Team TOM’S SPIRIT 86がポール・トゥ・ウィン。ST-5クラスはNo.17DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-Dが優勝。ディーゼル・ターボ車で初の勝利を収めた。




【F1】2016カナダGP:予選ハイライト動画

2016年のF1第7戦カナダGP。現地時間の6月11日に行われた公式予選の模様をまとめたハイライト動画が、F1公式サイトで公開されている。

なお決勝レースは日本時間の6月13日午前3時00分からスタートの予定だ。


https://www.formula1.com/content/fom-website/en/video/2016/6/Qualifying_highlights_-_Canada_2016.html




【S耐】スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが2戦連続PP!注目の敗者復活レースも大盛り上がり!

©KANSENZYUKU

 2016年のスーパー耐久第3戦が11日、鈴鹿サーキットで開幕。公式予選はNo.24スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが2戦連続でポールポジションを獲得した。

 朝から晴天に恵まれ、真夏日に迫るかの陽気となった鈴鹿サーキット。朝から熱心なレースファンが詰めかけ土曜日だけで1万人のファンが来場した。

 注目の公式予選。ST-Xクラスは開幕2連勝と勢いに乗る24号車がA・Bドライバーともに好タイムをマーク。最終的に2位に1.4秒差をつけ2戦連続でポールポジションを獲得した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 また今回はST-2クラス以下は上位3位以内に入らないと敗者復活レースに回されることになる。それを免れるべくいつも以上に白熱したタイムアタック合戦が展開された。中でもST-4クラスに参戦するNo.52埼玉トヨペットGreenBrave86は脇阪寿一、脇阪薫一が渾身のアタックを決め、激戦のST-4クラスで見事3位をゲット。いち早く決勝進出を決め兄弟ともに笑顔を見せていた。

 ST-X、ST-1を除く4クラスの4位以下の車両での敗者復活レース「セカンドチャンス100」も夕方に開催。こちらも下位に沈めば予選落ちが決まってしまうとあって、激しいバトルが見られた。100分の短期決戦を終え、合計22台の決勝進出マシンが決定。明日は15時15分にスタートが切られ、4時間後の19時15分にチェッカー予定。初の「S耐ナイトチェッカー」となる。




【2016鈴鹿8耐】ニッキー・ヘイデンがMuSASHi RT HARC PROから参戦決定!注目のホンダ陣営の体制が明らかに!

©KANSENZYUKU

 7月末に鈴鹿サーキットで開催される“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース。注目のホンダ主要チームの体制が10日発表され、元MotoGP王者のニッキー・ヘイデンがMuSASHi RT HARC PROから参戦することが明らかになった。

 2006年に世界最高峰の2輪レースであるMotoGPで初チャンピオンに輝いたヘイデン。その後も参戦を続け毎年年間でトップ10に入る実力を見せていたが、2015年をもってMotoGPを退き今年からワールドスーパーバイクに参戦中だ。なおチームメイトには全日本で活躍中でチームの大黒柱的存在である高橋巧、そしてHARC PROの鈴鹿8耐では欠かせない存在となったマイケル・ファン・デル・マークを今年も起用する。

 昨年はケーシー・ストーナーを起用し注目を集めたが、今年も元MotoGP王者を擁し、再び鈴鹿8耐での王座を確実にするため7月に向けて準備を進めていく。

 またTSR Hondaは、世界耐久選手権でも使用しているゼッケン5番で参戦。今年からどうチームに加入し活躍中の渡辺一馬、昨年の2位表彰台に大きく貢献したドミニク・エガーター、そしてワールドスーパースポーツに参戦中のパトリック・ジェイコブセンという体制で臨む。

 au&Teluru Kohara RTは昨年からチームのエースとして引っ張って行っている秋吉耕佑を中心にした布陣。MotoGPやMoto2の参戦経験をもつダミアン・カドリンと今季はワールドスーパースポーツに挑戦中の大久保光も加入。昨年はわずかの差でトップ10トライアルを逃すなど惜しいところがあったが、レベルアップした今季の体制でさらに上位を目指す。

 そしてTOHO Racingはエースの山口辰也のパートナーに今季Moto2でIDEMITSU Honda Team Asiaから参戦中のラタパーク・ウィライローの起用が明らかに。こちらも現役Moto2ライダーを擁し上位進出を狙っている。

 昨年は久しぶりにホンダ勢が優勝トロフィーを手にできなかった。それが陣営としても本当に悔しかったのか、今年は各チームの体制を見ても「必ず勝利を手にする」という思いが伝わって来る布陣となった。

注目の鈴鹿8耐は7月28〜31日に鈴鹿サーキットで開催。ホンダ陣営の活躍から目が離せない。