【FSC】レジェンドカップ決勝レース:爆笑ペナルティ連発の中、6番手スタートのトムス関谷が優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

20名のレジェンドドライバーが出場したレジェンドカップの決勝レースは7周。5人ものドライバーがジャンプスタート。11番手スタートの中嶋悟選手は、同じく元F1ドライバーの鈴木亜久里選手とコカ・コーラコーナー先で接触して綺麗な1回転スピンを決めるなど、大混乱の幕開けとなった。

  

 

ジャンプスタートの鮒子田寛選手、星野一義選手、岡田秀樹選手、黒澤琢弥選手、鈴木亜久里選手には「晩御飯抜き」のペナルティ。亜久里選手との接触でマシンにダメージを負った中嶋選手には「修理代自腹」のペナルティ。最終コーナーでスピンしてウォールにヒットした桑島正美選手には「勘弁してください」のペナルティ。綺麗なグリップ走行で13番手スタートから4位まで追い上げた土屋圭市選手には「ドリフトが決まらないのでサイド場内清掃」のペナルティが課せられ、その内容が発表されるたびに場内は大爆笑。しかしドライバー達は真剣で、昔の走りを彷彿させる激しいバトルを各所で繰り広げていた。

  

 

優勝したのは関谷正徳選手。3周目にトップに立ち、後続の追い上げを見事振り切っての優勝だった。2位は高橋国光選手。PPスタートから一時3位まで順位を下げたが、最後に追い上げ惜しくも100分の1秒およばず2位となった。

 

[記事:藤木充啓]

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  2. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  3. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  4. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  5. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る