【鈴鹿2&4】秋吉耕佑、高橋巧との激しいバトルを制した中須賀克行が開幕戦を制する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

全日本ロードレースJSB1000クラス開幕戦となる鈴鹿2&4レース、前日の予選でチャンピオンの貫禄を見せつけた中須賀克行(ヤマハYSPレーシング)が決勝レースのホールショットを奪い、続いて4番手からスタートの秋吉耕佑(F.C.C TSR Honda)が2番手につけ上々のスタートを切った。
レース2周目のメインストレートで秋吉が中須賀をパスしトップに浮上、高橋巧(MuSASHi RT ハルクプロ)、津田拓也(ヨシムラスズキシェルアドバンス)、渡辺一樹(TEAM GREEN)がトップ集団となりレースを展開していく。バックマーカーが増えるレース終盤になるとトップ争いは秋吉、中須賀、高橋の3台となり、110Rヘアピン手前で中須賀が秋吉をパス、続いて130Rで秋吉がパス、最終コーナーで再度中須賀がパスするなど次々と激しいバトルを展開するもダンロップで秋吉がハイサイドでバランスを崩し戦線離脱、優勝争いは中須賀と高橋の2台となった。最終ラップのシケインで高橋が仕掛けるも中須賀が持ちこたえ激しいバトルを制し、2013年から続く全日本5連勝となる開幕戦の優勝を勝ち取った。
今年、13年ぶりに8耐参戦を発表したTEAM GREENの渡辺と柳川は4、5位と8耐も期待させる結果となった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

優勝
中須賀克行(ヤマハYSPレーシング)
開幕戦を迎えるにあたって色んな期待感もありプレッシャーも抱えながらの開幕戦だったので走行するたびに気持ち悪くなるほどガチガチに緊張してしまっていたので自分らしくないなぁと思っていたんですが、レースが始まってからはしっかり集中して走る事ができて全力で攻める事が出来ました。(レース展開について)決勝レースではグリップのいいタイヤをチョイスしましたが、上手くマネジメントしないと20周も耐えられないと感じていたのでレース序盤ではタイヤを温存する様に走ろうと考えていましたが、実際レースが始まってしまうと思ったよりもペースが速く非常に苦しかった。それでも秋吉さんや巧といいバトルが出来て楽しかったです。優勝という最高のパフォーマンスで皆さんの期待に答える事ができ、まずは幸先のいいスタートが切れたと思います。

2位
高橋巧(MuSASHi RT ハルクプロ)
今年にかぎらず毎回序盤のペースが作れずトップに離され後半追いつくけど勝てないというレースが多かったので今年はなんとか克服しようと思い頑張りましたが去年に比べたらマシにはなったけどまた今回も負けてしまったので次に向けてはそういう所をもう少し改善していかないと勝てないと感じました。今回のレースで後半の追い上げについては自信がついたので前半食らいついていけるようなレース展開ができる様にしていきたいと思います。

3位
秋吉耕佑(F.C.C TSR Honda)
このレースウィークで決勝が一番バランスがいいマシンに仕上がりました。終盤ダンロップでハイサイドになって同じ様なスピードに入った時にまた滑ったのでそれ以上無理はしませんでした。次のレースは8耐になりますが、チームは8耐に向けて一丸となっていますので8耐に向けては非常にいいデータがとれたとは思います。
決勝レースは8耐のゴム(タイヤ)を使っていて20周走るとどうなるかと思ったけど意外とグリップしていたのでこのままのペースでイケるかと思っていたんですが、残り4周ほど残した所でグリップが崩壊し、それ以降はどうコントロールしようかを考えながら走っていたので集中力も落ちてしまい最後は速く走る事が出来ず残念な結果になりました。

©KANSENZYUKU

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る