【SGT】2014第6戦鈴鹿:予選ポールポジションコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

GT500クラスポールポジション
No.36 PETRONAS TOM’S RC F

ジェームス・ロシター
午前中の公式練習の調子が非常によかったですね。Q1でもマシンのバランスが非常によくびっくりしました。アタックは2回しましたがタイヤをうまくマネージメントできずに思ったほどのタイムを出せませんでした。
Q2ではドキドキしながら一貴選手がアタックしているのを応援していました。

中嶋一貴
僕的には朝の公式練習で思ったほどのタイムが出なかったので週末の出だしとしてはちょっと不安でした。ただセッションが進んでいくとマシンがいい感じになってきました。ただポールは期待していませんでしたね。ジェームスが車に対して良い感触をもっていたのでQ2の結果は楽しみでしたね。週末に向けて運が向いてきたのかなと思います。明日もこの調子でいきたいですね。

GT300クラスポールポジション
No.55 ARTA CR-Z GT

高木真一
公式練習は決勝に向けてのセッティングで燃費の事を考えたセットアップを試しました。ただ前回のテストよりバランスが狂って試行錯誤していたので結果的にうまくまとまり午後の予選にむけて良い感触をえていました。
小林選手と2年やってきてそろそろQ2を任せても良いとの声もあったし、以前ここ鈴鹿でGT500の時にポールもとっているので今回はQ2を任せ結果的に作戦が成功しましたね。
実はQ1の時に吸気系のトラブルでパワーダウンし「終わったな」と思った時に、赤旗中断となりマシン修復の時間を稼げました(笑)神様がポールをとれと言ってくれているようでした。
結果的にQ1を9番手で終えQ1にすすめました。その後、小林選手がとんでもないタイムを出しポールをとれました。

小林崇志
朝の公式練習ではオーバーステアで苦しかったですが2時間のセッションのなかでセットアップがすすみユーズドのタイヤでもそこそこ良いタイムが出せるようになってきました。予選はニュータイヤなので59秒台も狙えるなと思っていました。
高木さんの時にトラブルがあり無線で「パワーがない」と言った時に泣きそうになりました(泣)
ここ2戦ポイントをとる事ができなかったのでウェイトが軽くポールを狙えると思っていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る