【SUPER GT】2024年シーズン開幕! GT500はau TOM’S GR Supraが完勝、GT300はmuta Racing GR86 GTがタイヤ無交換作戦で逆転優勝を飾る

  • 2024/4/15
  • 【SUPER GT】2024年シーズン開幕! GT500はau TOM’S GR Supraが完勝、GT300はmuta Racing GR86 GTがタイヤ無交換作戦で逆転優勝を飾る はコメントを受け付けていません
SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera

2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAYAMA GT300km RACE』が岡山国際サーキットで開催され、GT500クラスは#36 au TOM’S GR Supraがポール・トゥ・ウィンを飾り、GT300クラスは#2 muta Racing GR86 GT(堤優威/平良響)がタイヤ無交換作戦を成功させて、開幕戦を制しました。

例年通り4月開催ではあるものの、予選日、決勝日ともに好天に恵まれ、気温と路面温度が上昇。日中は半袖で過ごす方も多いほどのコンディションのなか、熱戦が繰り広げられました。

【GT500】予選からライバルを寄せ付けない走りをみせたau TOM’S GR Supraがポール・トゥ・ウィン。連覇に向け幸先良いスタート切る

SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera

2024年シーズンから新しい予選方式が導入され、”タイム合算方式”での予選がついに開幕戦で実戦となりました。Q1では#23 MOTUL AUTECH Zの千代勝正がトップ通過を果たしましたが、Q2ではさらにタイム合戦は拮抗する展開に。終盤にかけて目まぐるしくトップタイムが入れ替わるなか、昨年王者に輝いた#36 au TOM’S GR Supraの坪井翔が全体ベストを上回るペースでアタック。やや膨らんでしまうミスがあったものの、最後はうまくまとめ切り、予選Q1での山下健太のタイムをさらに縮める1分17秒748をマークし、合算では2分35秒561でポールポジションを獲得しました。

2番手には#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(中山雄一/関口雄飛)が続き、トヨタGR Supraがワン・ツー。3番手には#100 STANLEY CIVIC TYPE R-GT(牧野任祐/山本尚貴)が並び、ホンダ最上位を獲得し、山本が完全復活とも言えるアタックを披露しました。また、#8 ARTA MUGEN CIVIC TYPE R-GTは、Q1を担当した松下信治がアタック中の最終コーナーでやや膨らみ、四輪脱輪でタイム抹消。これで基準タイムをクリアできず、決勝はピットスタートが決定しました。

迎えた決勝日は気温26度、路面温度39度と夏のような気候のもとでスタート。しかし、1周目にセーフティーカーが導入されるという波乱の展開に。コース上では#17 Astemo CIVIC TYPE R-GTがマシンを止め、太田格之進の移籍後初レースはここで終了を迎える結果となってしまいました。

その後、7周終了でレースが再開されると、#36 au TOM’S GR Supraの坪井翔が2番手以降を大きく引き離し、そのまま安定して独走体制を築いていく。後方では#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supraの関口、#100 STANLEY CIVIC TYPE R-GTの牧野、#38 KeePer CERUMO GR Supraの大湯が3番手争いを繰り広げます。

そのあと、各チームがピット作業とドライバー交代を済ませると、各所でバトルを繰り広げながら周回数を重ねていく。トップ独走の#36 au TOM’S GR Supraは坪井からバトンを繋いだ山下は、最後まで安定した走りでチェッカーまでマシンを運び、昨年王者として圧巻の完全勝利で収めました。2位には山本の追撃を見事に抑え切った39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(関口雄飛/中山雄一)が入り、トヨタGR Supraが開幕戦でワン・ツーフィニッシュを飾りました。

そして、3位には#100 STANLEY CIVIC TYPE R-GT(山本尚貴/牧野任祐)が続いた。山本が最後にチェッカーを受け復帰戦、そしてCIVIC TYPE R-GTのデビュー戦を3位表彰台で飾りました。

SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera
SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera

4位には#38 KeePer CERUMO GR Supra(石浦宏明/大湯都史樹)が入り、ニッサン勢の最上位は5位となり、#23 MOTUL AUTECH Z(千代勝正/ロニー・クインタレッリ)が続く結果となりました。また、オープニングラップで接触があった#12 MARELLI IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)は11で完走しました。しかし、#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/福住仁嶺)は修復を終えたあとレースに復帰しましたが、規定の周回数を満たしていないため、完走扱いとはなりませんでした。

【GT300】muta Racing GR86 GTがタイヤ無交換作戦で逆転優勝を飾る

SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera

GT300クラスは、2度の公式テストも不参加となっていた#11GAINER TANAX Z(富田竜一郎/石川京侍)が岡山に姿は見せていたが、車両製作が間に合わないことから出走を断念。それにより27台で争われることに。土曜日の公式練習からトラブルを抱えるチームも多く、やや荒れた展開となりました。

そのなかで迎えた予選Q1では、グループAは#2 muta Racing GR86 GT、グループBは#9 PACIFIC ぶいすぽっ NAC AMGがトップ通過。その後の予選Q2でも熱いバトルが繰り広げられ、#65 LEON PYRAMID AMG(篠原拓朗/蒲生尚弥)が2年連続でポールポジションを奪取。2番手には#2 muta Racing GR86 GT(平良響/堤優威)、3番手には#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝/井口卓人)が並びました。

昨年のGT300チャンピオンである#52 Green Brave GR Supra GT(吉田広樹/野中誠太)は8番手となりました。また、公式予選でのトラブルからエンジンを載せ替えて、出走した#87 METALIVE S Lamborghini GT3(坂口夏月/松浦孝亮)は11番手、復帰戦となる#25 HOPPY Schatz GR Supra GT(菅波冬悟/松井孝允)は19番手から決勝を迎えます。

GT300も同様に決勝では、タイヤ無交換作戦に打って出るチームも多く、各所でバトルが繰り広げられました。ポールスタートの#65 LEON PYRAMID AMGの篠原、そして#2 muta Racing GR86 GTの平が序盤からテール・トゥ・ノーズの戦いを展開。ピットのタイミングで#2 muta Racing GR86 GTがタイヤ無交換でピットアウトし、トップに踊り立ちます。

SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera
SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
RIno Onodera

#65 LEON PYRAMID AMGは、ドライバー交代ギリギリのタイミングでピット作業を済ませ、3番手で復帰。2番手には早々にタイヤ無交換でピット作業を済ませていた#52 Green Brave GR Supra GT(吉田広樹/野中誠太)がつける状況でした。#65 LEON PYRAMID AMGの蒲生が徐々に前との距離を詰めていき、52号車をオーバーテイク。15秒先にいるトップを追いかけます。

それにより、#2 muta Racing GR86 GT(平良響/堤優威)が独走状態でトップチェッカーを受け、優勝を飾りました。2位には2年連続ポール獲得も勝利にはわずかに及ばなかった#65 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/篠原拓朗)が2位を奪取。そして3位には終盤に#52 Green Brave GR Supra GTを交わした#7 Studie BMW M4(荒聖治/ニクラス・クルッテン)が入りました。ニクラス・クルッテンにとってはSUPER GT初参戦にして、初表彰台となりました。

SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera

また、土曜日にエンジンを載せ替えて予選に挑んだ#87 METALIVE S Lamborghini GT3 (松浦孝亮/坂口夏月)は7位、女性ドライバーフル参戦となる#45 PONOS FERRARI 296(ケイ・コッツォリーノ/リル・ワドゥ)は12位。#25 HOPPY Schatz GR Supra GT(菅波冬悟/松井孝允)は復帰戦を15位で終えました。

SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera
SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
RIno Onodera

開始早々から荒れた展開となりましたが、両クラスがトップ独走体制でレースを制し、終始手に汗握る開幕戦となりました。新たな予選方式から、決勝では予測不可能な勢力図で、バトルが数多く展開され、今後も目が離せないレースが展開されていきそうですね。

次戦は富士スピードウエイに舞台を移し、5月3〜4日に第2戦富士が開催されます。ゴールデンウイークと長期休みの開催であることから、毎年多くの観客が訪れ、盛り上がりを見せています。今年も熱いバトルが期待できるSUPER GTを、お見逃しなく!

SUPER GT Rd.岡山国際サーキット
Rino Onodera

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る