【Formula Nippon】トヨタが2012年FN体制発表!松田次生がIMPULから本格復帰!

トヨタは、2012年の全日本選手権フォーミュラニッポンにトヨタエンジン搭載車で参戦するチーム・ドライバーを発表した。

今季は7チーム10台のマシンにエンジンを供給。昨年圧倒的な強さでチャンピオンを獲得したアンドレ・ロッテラーと、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した中嶋一貴は揃ってトムスに残留。No.1とNo.2をつける。

一番動きがあったのが名門TEAM IMPUL。ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは在籍3年目を迎え、昨年まで平手晃平に代わり、以前から噂されていた松田次生がNo.20で本格的にFN復帰を果たす。2008年王者の松田の復帰も決まったことにより、今年は過去4年間のチャンピオン(松田、デュバル、オリベイラ、ロッテラー)が揃って参戦する、大激戦のシーズンとなりそうだ。

一方の平手は、今季から2台体制になるセルモ・インギングに移籍。若手の国本雄資とともにチャンピオン獲得を目指す。

KONDO RACINGは、昨年の全日本F3やSUPER GT(GT500)で活躍した安田裕信がルーキーとして参戦。また昨年から新規参入したル・ボーセは引き続き嵯峨宏紀がステアリングを握る。

ル・マンは大嶋和也が続投、KYGNUS SUNOCOは先日発表があったとおり、ロイック・デュバルが1年ぶりにフォーミュラニッポンに帰ってくる。

【2012年トヨタFN参戦体制】
■PETRONAS TEAM TOM’S
No.1:アンドレ・ロッテラー
No.2:中嶋一貴
■Team LeMans
No.7:大嶋和也
■Team KYGNUS SUNOCO
No.8:ロイック・デュバル
■TEAM IMPUL
No.19:ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
No.20:松田次生
■Projectμ/cerumo・INGING
No.38:平手晃平
No.39:国本雄資
■Le Beausset Motorsports
No.62:嵯峨宏紀

昨年は、シリーズ戦全てのレースでトヨタエンジン勢が優勝し、中でも圧倒的な強さをみせたトムスチームが主導権を握るレースとなった。もちろん、ロッテラーvs一貴のチームメイトバトルにも注目が集まるが、オリベイラ、デュバル、松田といったチャンピオン経験者に加え、大嶋、平手といった優勝争いに絡んでくるドライバーもたくさんいる。

今年も、フォーミュラニッポンは0.001秒単位で勝敗が決まるレース展開になりそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る