【ビギナー観戦塾】皆さんの観戦スタイルに合わせた「企画チケット」(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

OJL_6621

いつもビギナー観戦塾をご覧いただきありがとうございます。

前回に引き続き、それぞれのファンの観戦スタイルに合わせたチケット紹介ということで、今回も企画チケットや“お得な”セット購入券などをご紹介していこうと思います。

企画チケット(前編)はこちら

【もうちょっと安くF1観戦をしたい!アウトレットシート】
憧れのF1観戦、“一度はF1を観に行ってみたい!”と思っていても、やはり世界選手権イベントで観戦チケットも高額。それが理由で諦めていたファンも多かったのではないかと思います。
そんな皆様のために、2010年から導入されたのが「アウトレットシート」各観戦エリアの中で、特にフェンスが邪魔になる最前列や、マーシャルポスト(コース係員がレース中の監視をする小部屋)が目の前にきてしまう席を“アウトレットシート”として、通常価格よりも安く提供してくれるチケットなのです。

PA090241 PA090244
[2011年の逆バンクエリアのアウトレット席]

上の写真のように、フェンスで少し見えにくいですが、エリア最前列で迫力もあります。「こういう場所でも、F1が観れるのであれば満足!」というファンも多く、2010年から大人気で発売早々に完売になってしまうエリアもいくつかあります。
間違いなく、今年も大人気のシートになるでしょう!

【みんなで一緒に観戦するとお得!?グランドスタンドのグループシート】
こちらも、通常のチケット料金が安くなる企画シート。全エリアの中で一番高いのはグランドスタンドになりますが、友人同士やグループで買うと“お得”になるのが「グループシート」です。

例えば通常64,000円(大人)するV2-2席も、2人で買うと2,000円お得、3人で買うと5,000円お得!6人以上で買うと14,000円もお得になるのです!
このシステムは、先日ご紹介したレディースシート(V1-2席のみ)と同様に複数の人と一緒に観れば観るほど、一人あたりのチケット料金が安くなるのですが、このグループシートは「女性限定」という縛りはないので、学生仲間や友人同士で一括購入して一緒に観戦すると、通常料金より安くチケットが購入できます!
※グループシートには子ども料金設定が適用されませんので、ご注意ください。

IMG_3051
[鈴鹿サーキットのグランドスタンド]

特に、セナプロが活躍した1990年代に、ご家族で観戦に来ていて、「今では子ども達も大きくなったけど、F1は観に来なくなってしまった。。。」というご家族の方は、このグループシートでチケットを購入していただいて、たまには家族揃って“久しぶりにF1観戦を楽しむ”という3連休を過ごされてみては、いかがでしょうか?きっと新しい家族の思い出が出来るかもしれませんね!

【自家用車で観戦に行かれる方は安心!「駐車場付きチケット」】
F1観戦に行かれる方の多くは、自家用車でサーキットへ行くと思います。その際に一番気になるのは「当日の駐車場」の確保ですよね。以前は直営駐車場の予約販売もされていましたが、基本的にサーキット周辺の民間駐車場は先着順。そのため、メインのF1観戦よりも“駐車場どうしよう?”と不安になってしまう人が多いかと思います。
そこで!鈴鹿サーキットが昨年から始めたサービスが「観戦券と駐車場」のセット販売!対象となるのは一部の3日通し券と企画チケットのみとなりますが、行く前の不安要素をチケット購入の段階で、一つ取り除けられれば、いいですよね!

是非、自家用車で行かれる方は検討してみてください。

【速報!ドライバー応援席の追加が決定!皆でベッテルやライコネンを応援しよう!】
いよいよ3月3日(ファン感先行販売)のチケット発売が迫ってきた2012年のF1日本グランプリ。直前のタイミングにはなりますが、鈴鹿サーキットから新たにキミ・ライコネン、ミハエル・シューマッハ、セバスチャン・ベッテルのドライバー応援席が追加で販売される事が発表されました。

残念ながら、今回は全ドライバーの応援席ではなく、上記の3人のみとなりましたが、3人とも日本のファンが多く大人気のドライバー達です。「どのエリアで観戦しよう・・・」と悩んでいらっしゃった方も、是非このドライバー応援席も検討材料に加えてみてください。

IMG_3072 IMG_3778 
[左:ミハエル・シューマッハ、右:セバスチャン・ベッテル]

ドライバー応援席の詳細(観戦塾ニュース記事)

いかがだったでしょうか?
企画チケットは、それぞれの目的に応じたサービスが充実しているので、初めて観戦に行かれるファンの皆さんにとっても、企画チケットを購入するだけで現地でも役に立つ事、現地での行動も楽になる事があります。是非、検討してみてください!

次回は、各観戦エリアを細かくご紹介していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る