【鈴鹿50周年ファン感謝デー】雨となった2日目は27,000人が来場!大盛況でファン感が終了!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あいにくの雨となった鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デー、午後になって一段と雨が強まり、予定されていた中嶋悟と星野一義の夢のF1競演や、F1レジェンドデモランの車両走行が中止となってしまった。

しかし、グランドスタンドに集まってくれたファンのために、星野と中嶋がグランドスタンド下のステージに登場。昨日の直接対決のVTRを観ながら、その時の様子を振り返った。

その後、鈴鹿1000kmのデモ走行では、ポルシェ962Cや日産RC92Pなどの、往年の名マシンがデモ走行し、ファンも懐かしいマシンが走る姿を観て、感動していた。

そして、最後のF1レジェンドデモランは、雨によりマクラーレンMP4/5、ラルース、ミナルディの走行がなくなってしまったが、ジャン・アレジ氏がロータス101で再びファンの前で走行した。またフェラーリF2003GAも、ウエットタイヤを装着して田中哲也選手がドライブした。

よく、鈴鹿でのF1日本GPは雨に見舞われることが多かったが、今回は「雨の鈴鹿」での名シーンを思い出させるような、まさに“鈴鹿50周年の歴史”を振り返るようなデモ走行となった。

こうして、大盛況のうちに鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デーが終了。雨だったにも関わらず、2日目は27,000人が来場。延べ57,000人が来場した。

今回は、鈴鹿サーキット50周年ということもあり、多くのゲストや名マシンが登場。さらに来場されたファンにはうれしい特典が満載の2日間。中には「今はレースを観に来ていないけど、久しぶりに鈴鹿にやってきた」というファンも多かったようだ。

ここ数年、コース改修や施設改修が進む鈴鹿サーキット。しかし、このファン感でも変わりなくあったのは「何年経っても色あせる事のない、モータスポーツの熱気と感動」だ。

このファン感をきっかけに、今年の国内モータースポーツがいっそう盛り上がる事を期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る