【SUPER GT】Rd.1岡山決勝(GT300クラス):アウディR8がデビューウィン!GAINERが開幕戦V

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Photo:SHIGE
『デビューウィンを果たしたアウディR8(撮影:SHIGE)』

2012年のSUPER GT開幕戦岡山のGT300クラスは、シーズン前からの予想通り、FIA-GT3勢が主導権を握る展開となった。

スタートからポールポジションのNo.911ENDLESS TAISAN 911(峰尾恭輔/横溝直輝)がレースをリード。後半も安定した速さをキープし、一時は2位以下に9秒以上の差をつけたが、今季からアウディR8にマシンを変更したNo.11GAINER DIXCEL R8 LMS(田中哲也/平中克幸)がじわじわと接近。54周目のリボルバーカーブでトップのポルシェを捉え、逆転で開幕戦の優勝を飾った。

今年も多くのFIA-GT3車両が参入しているGT300クラス。その中でも特に注目を集めていたアウディR8がGT300デビューウィンを飾る事になり、そのアウディを駆った田中/平中組は昨年2位表彰台という結果が多く、久しぶりの優勝に、二人もパルクフェルメで喜んでいた。

IMG_7776

2位にはポールからスタートしたNo.911ENDLESS TAISAN 911(峰尾恭輔/横溝直輝)、3位には昨年のチャンピオンNo.3GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也)が入った。後方からのスタートで苦戦が強いられた初音ミクBMWだったが、ベテラン2人が着実に順位を上げ、見事表彰台を獲得。ここで勝ち取ったポイントがシリーズ終盤戦にどう影響してくるのか、注目したい。

IMG_7792

一方、プリウスGTやBRZといった注目マシンが登場したJAF-GT車両勢は、プリウスが序盤にマシントラブルを抱え脱落、BRZもマシントラブルでピットインを余儀なくされるなど、厳しい開幕戦となってしまった。

次回は、5月3・4日。富士スピードウェイでの「FUJI GT500km Race」が開催される。

<<レース後記者会見>>
田中哲也
「ダンロップタイヤでは勝てていなかったので、今日は単純に嬉しいですね。今年はシリーズチャンピオンを狙っているので、開幕戦で勝てたのが良かったです。シーズンオフの間、一生懸命やってくれたスタッフに感謝したいです。アウディで1年間戦えるし、雨でもドライでも速いので今年1年間が本当に楽しみです。」

平中克幸
「昨年がずっと2位だったので嬉しいです。昨年の開幕戦は勝てるチャンスがあったので、今年はリベンジしようという気持ちで挑みました。正直、僕が乗り込む前にチームと話し合って、ポルシェとの一騎打ちになるだろうと予測していました。最後までタイヤのパフォーマンスが落ちなかったのが勝因です。最終戦までノーポイントは避け、シーズンを通して戦っていきたいと思います。」

GT500クラスの決勝レポートはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る