【F1】中国GP予選:ニコ・ロズベルグが初PP!可夢偉が予選4位!

Photo:MercedesAMG
[Photo:MercedesAMG]

F1第3戦中国GPが上海インターナショナルサーキットで13日に開幕。14日には公式予選が行われニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)が1分35秒121で初のポールポジションを獲得した。

金曜日のフリー走行では雨も降っていた上海だが、公式予選はドライコンディションで行われた。Q1では上位ドライバーが順当に勝ちあがったがQ2で大波乱が起きる。開幕から2戦勝てていないセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がQ2で敗退。フェリペ・マッサもQ2で敗退となった。一方、開幕戦から好調のザウバー勢が可夢偉、ペレスともにQ3に進出した。

王者ベッテルが不在の中で始まった採集Q3。開幕2戦連続でフロントロー(最前列)を独占しているマクラーレン勢の独壇場かと思われたが、ニコ・ロズベルグがいち早く1分35秒121の好タイムを記録。結局バトン、ハミルトンともにこのタイムを上回る事ができずにニコ・ロズベルグがデビュー7年目にして初のポールポジションを獲得した。

そしてQ3残り3分のところでコースインした小林可夢偉。一発勝負のタイムアタックで見事1分35秒784を叩き出し4番手グリッドを獲得した。

なお、2位に入ったハミルトンはギアボックス交換により5グリッド降格のペナルティをうけるため、ポールポジションはロズベルグ、2番手にシューマッハが繰り上がり、メルセデスAMGがフロントローを独占してのスタートとなり、可夢偉も自己最高の3番手から決勝レースのスタートを切る。

注目の決勝レースは日本時間の15日(日)16時から行われる。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る