【F1】中国GP予選:ニコ・ロズベルグが初PP!可夢偉が予選4位!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Photo:MercedesAMG
[Photo:MercedesAMG]

F1第3戦中国GPが上海インターナショナルサーキットで13日に開幕。14日には公式予選が行われニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)が1分35秒121で初のポールポジションを獲得した。

金曜日のフリー走行では雨も降っていた上海だが、公式予選はドライコンディションで行われた。Q1では上位ドライバーが順当に勝ちあがったがQ2で大波乱が起きる。開幕から2戦勝てていないセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がQ2で敗退。フェリペ・マッサもQ2で敗退となった。一方、開幕戦から好調のザウバー勢が可夢偉、ペレスともにQ3に進出した。

王者ベッテルが不在の中で始まった採集Q3。開幕2戦連続でフロントロー(最前列)を独占しているマクラーレン勢の独壇場かと思われたが、ニコ・ロズベルグがいち早く1分35秒121の好タイムを記録。結局バトン、ハミルトンともにこのタイムを上回る事ができずにニコ・ロズベルグがデビュー7年目にして初のポールポジションを獲得した。

そしてQ3残り3分のところでコースインした小林可夢偉。一発勝負のタイムアタックで見事1分35秒784を叩き出し4番手グリッドを獲得した。

なお、2位に入ったハミルトンはギアボックス交換により5グリッド降格のペナルティをうけるため、ポールポジションはロズベルグ、2番手にシューマッハが繰り上がり、メルセデスAMGがフロントローを独占してのスタートとなり、可夢偉も自己最高の3番手から決勝レースのスタートを切る。

注目の決勝レースは日本時間の15日(日)16時から行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る