【ビギナー観戦塾】初めてのSUPER GT観戦(1):SUPER GTってどんなレース?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

IMG_1015

いつもビギナー観戦塾をご覧いただきありがとうございます。

今年もF1日本グランプリを初めて現地で観戦される方向けに「何もわからない状態の初観戦でも、思いっきり楽しめるように!」と言う事で、現地観戦が初心者というファン向けの情報をご紹介しております。

しかし今回はF1日本グランプリではなく!5月3・4日に静岡県の富士スピードウェイで開幕する『SUPER GT』というレースをご紹介や、初めて現地観戦に行かれる方向けのポイントも紹介していきたいと思います。

【SUPER GTって何?】
皆さんは、「SUPER GT」というレースをご存知でしょうか?
最近、人気を集め始めている、国内最高峰の自動車レース「SUPER GT」。今年はテレビ東京で中尾明慶さんがMCを勤める番組「SUPER GT+」も放送されており、「SUPER GT」という言葉を耳にする人も増えていると思います。

F1と違い、国内メインで開催されるレースイベント。実際にサーキットに観戦に行ける機会も多く、F1よりもチーム・ドライバーとファンが身近に接することが出来るレースでもあるのですが、まだまだ認知度が少ないため、「どんなレース??」というのが、現状だと思います。

【F1とSUPER GTの違い“参戦車両は一般のスポーツカーがベース】
F1とSUPER GTの違いは、いくつかあります。
F1マシンは、4つのタイヤが剥き出しになり、ドライバーの頭もコックピット(運転席)から出ている「フォーミュラカー」となっていますが、SUPER GTの車両は、市販されている国産のスポーツカーがベースとなっているため、普段からみなさんが街中で見かけるスポーツカーと似た形状をしています。このスポーツカーをレース用に専用開発された「GTカー」で、SUPER GTは戦われています。

IMG_7659 IMG_7657

【異なるクラスのマシンが同じレースで走る“2クラス混走レース”】
SUPER GTのもう一つの特徴は、「2クラス制」ということです。
最大出力が500馬力でホンダ、日産、レクサス(トヨタ)がメーカーの威信をかけて開発した最新マシンで争われる「GT500クラス」と、最大出力300馬力でGT500より改造範囲が制限されている「GT300クラス」と、異なる車両規則の基で開発された“2クラス”のマシンが、同じレースで同時に走ることになります。

IMG_7656 IMG_7675

当然、高性能なGT500クラスのマシンの方が圧倒的に速いため、すぐにGT300のマシンたちは周回遅れになってしまいますが、最終結果としては「GT500」「GT300」と別々に結果を出すため、300クラスのマシンは周回遅れになってしまっても、特に問題はありません。

逆にGT500クラスのマシンは「周回遅れとなるGT300のマシンを上手く利用、いかに自分のクラスで順位を上げていくか?」またGT300クラスは「後ろから来るGT500のマシンを先に行かせながら、いかに自分達のクラスでバトルをしていくか?」と、異なるクラスのマシンを上手く利用しながら、バトルをしていく「頭を使った駆け引き」が見られるのも、スーパーGTの特徴の一つです。
今年は車輌規則の変更により、GT300クラスマシンの直線スピードが上がり、GT500マシンが簡単に追い抜いていけないことも多々あります。それも含めて、各クラス同士で、どのようにレース戦略を立てていくのか?SUPER GTはチーム全体での「総合力」も問われるレースなのです。

IMG_7678 IMG_7672

さらに今年のGT300クラスは国内外のさまざまなレーシングカーが参戦。フェラーリ、BMW、ランボルギーニ、アウディ、メルセデスベンツなどの世界を代表するスーパーカーのバトルを国内で観ることができます。この他にも、先日発売されたスバルBRZや、トヨタが代表するハイブリッドカー“プリウス”なども参戦しています。

IMG_7705

【F1にはなくて、SUPER GTにはある“レースを面白くするルール”】
F1は「世界中のモータースポーツの頂点に立つレース」という位置づけが強いため、エンターテイメント性というよりも、「チーム同士の技術競争」だったり「ドライバーの世界一決定戦」という部分が第1条件となってルールが作られているものが多いです。
しかし、。SUPER GTの場合は、もちろん国内最高峰のレースで厳格なルールが決まっているのですが、「GTレースならでは」のルールがいくつかあります。

■必ず2人1組で1台のマシンを走らせる
F1は、1人で1台のマシンをスタートからゴールまで走らせる“スプリント形式”なのに対し、スーパーGTは2人1組で1台のマシンを走らせる“耐久レース形式”となっています。
なので、2人が力を合わせて優勝を目指すことになるので、前半のドライバーがミスをしても、後半のドライバーが挽回できたり、それぞれの走りのスタイルを考慮した上で、効率の良いレース戦略を考えたりと、各チームで個性が出てきます。

S-GTピット作業

■シーズン独走はできません!「ウエイトハンデシステム」
「常にに公平なコンディションでレースをさせ、チーム・ドライバーの実力差を見る」のがF1に対して、「速いマシン、強いチームには“ハンデ”を与えて、実力が均等になるようにする」のがSUPER GTの特徴です。
一人勝ちを許さないルールとして、スーパーGTでは「ウエイトハンデシステム」というルールが導入されています。レースで優勝を含め上位に入賞したマシンは、その順位に応じて、次戦から「重り」をマシンに積まなければいけません。
重りを積むことによって、マシンの性能が落ち、F1のように2連勝・3連勝が困難になります。その結果、毎レースで勝者が変わり、最終戦まで白熱したチャンピオン争いが展開され、最後の最後まで目が離せないレースが展開されるのが、SUPER GTの面白さでもあります。

P8270355
[マシンに貼られるウエイトハンデのステッカー]

<<ウエイトハンデのシステム>>
●前戦まで獲得したシリーズポイントの1ポイントあたり2kgのウェイトを積む。
例)20ポイント獲得しているマシン→次戦から40kgのウェイトを積むことになる。
●シリーズ第7戦の2レースは、1ポイントあたり1kgのウェイトを積む。
例)20ポイント獲得しているマシン→第7戦のみ20kgのウェイトを積む。
●シリーズ最終戦・特別戦は、全車ウェイトハンディなし。

※ウェイトの最大搭載量は100kgまで

いかがだったでしょうか?
次回以降は、実際に富士スピードウェイでの現地観戦情報をご紹介していきたいと思います。

P4300525 P9110217

「ゴールデンウィークどうしようかなぁ」「いつものゴールデンウィークとは違う場所に行きたいな」と考えていた皆さん!是非、モータースポーツの迫力・醍醐味を味わいに富士スピードウェイに観戦に行ってみてはいかがでしょうか?
F1と違いチケット料金も低価格ですし、チームやドライバーとも身近に接することが出来るレースです。そして、国内最高峰のレースだけに、マシンが駆け抜けていく迫力も、十分感じることができます。
また首都圏から近い富士スピードウェイでの開催なので、東京からの日帰り観戦も可能です。

是非、今年のゴールデンウィークは、SUPER GT開幕戦を現地で観戦して、F1日本グランプリにはない“モータースポーツの醍醐味”を感じてみてください!

『記事:吉田 知弘』

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. ©T.Yoshita 東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、凱旋帰国中の佐藤琢磨を…
  3. ©T.Yoshita 6月13日、東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、インディ5…
  4. 2017年のインディアナポリス500マイルで日本人として史上初優勝を飾った佐藤琢磨選手の、F…
  5. ©T.Yoshita 5月28日に行われた第101回インディ500で、見事日本人として初優…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る