【鈴鹿8耐】Honda主要チームの参戦体制が発表、青山博一が9 年ぶりに8耐参戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

11335
『写真:鈴鹿サーキット』

7 月 26 日(木)~29 日(日)に鈴鹿サーキット(三重県)で開催される、2012 FIM 世界耐久選手権シリーズ第3 戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8 時間耐久ロードレース 第35 回大会に参戦する Honda主要チームの参戦体制が明らかになった。

昨年の鈴鹿8耐覇者である F.C.C. TSR Honda は 2011 年JSB1000 チャンピオンの秋吉耕佑と、 FIM スーパーバイク世界選手権で現在ランキング 3 位のジョナサン・レイがペアを組んで大会2連覇に挑む。3月末の転倒で長期離脱を余儀なくされていた国内王者の秋吉。7月の8耐では完全復活した姿に期待したい。

2 年ぶりの優勝を狙うMuSASHi RT ハルクプロは、4 年連続表彰台を獲得している高橋巧に加えて、今季のFIM アジアロードレース選手権シリーズに参戦し、8 耐 2 連覇の清成龍一、さらにFIM スーパーバイク世界選手権に参戦中の青山博一が9 年ぶりに鈴鹿8耐に挑む。

そして、昨年の鈴鹿 4 耐優勝ライダーであるアズラン・シャー・カマルザマンは、玉田誠、亀谷長純と共にHonda Team Asiaとして参戦。こちらも表彰台争いの一角となりそうだ。

今年は例年にも増して各メーカーが強力な布陣で挑む鈴鹿8耐。記念すべき第35回大会を制するのはどこチームなのか?いよいよ8耐スタートに向けて、カウントダウンが少しずつ始まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  2. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…
  3. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  4. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  5. [table id=81 /]…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る