【F1】第6戦モナコGP:木曜フリー走行はバトンが最速、可夢偉は8位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MONACO GRAND PRIX F1/2012

F1第6戦モナコGPが開幕、24日(木)は2回のフリー走行が行われ、午前中の1回目はフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、午後の2回目はジェンソン・バトン(マクラーレン)がトップタイムを記録した。

今年で70回目を迎えるモナコグランプリ。ドライコンディションで始まったフリー走行1回目では、今回はハード側の位置づけとなっているソフトタイヤ(黄)で精力的に走行。前回スペインで2位表彰台を獲得したアロンソが1分16秒265でトップタイムをマークした。

現地時間の午後2時から行われたフリー走行2回目では、午前中で7位タイムを記録した小林可夢偉(ザウバー)が真っ先にコースイン。精力的に周回を重ねタイムを更新していく。

また、今回のモナコGPでは今季初めてスーパーソフト(赤)が投入され、このタイヤが決勝レースでどのくらい持つか?というテストを各チームが予定しており、開始早々でスーパーソフトを履いたバトンが1分15秒746をマークし、この日の最速タイムとなる。バトンがトップタイムを叩きだした直後から、雨が降り始めたモンテカルロ市街地コース。これにより全車がピットに入ってしばらく様子を見る時間が続き、結局終盤はウエットコンディションとなり、ほぼ全車が小雨用のインターミディエイトタイヤで走行を続けた。

結局、雨が降り出す前にトップタイムを記録したバトンがフリー走行2回目で1位、2位には午前中の1回目でも好調だったロマン・グロージャン(ルノー)、3位にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が入った。

今シーズンは開幕戦から元気がないマッサだが、モナコに入ってからはアロンソと共に好タイムを記録しており、土曜日の予選での活躍が期待される。

日本の小林可夢偉も、フリー走行2回目で雨が降る前にスーパーソフトタイヤを使用することができ、1分17秒153で8位となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  2. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…
  3. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  4. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  5. [table id=81 /]…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る