【SUPER GT】第2戦富士(GT500スーパーラップ):EPSON HSV-010が2年半ぶりのPP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

DS3_0229
『撮影:SHIGE

予選Q1から勝ち抜いた上位10台で争われたGT500クラスのスーパーラップは、EPSON HSV-010(道上龍/中山友貴)が1分43秒699で今季初ポールポジションを獲得した。

午前中から大雨だった富士スピードウェイもスーパーラップが始まる頃から落ち着き、各車が浅溝のレインタイヤでタイムアタックに出かけた。

しかしトップバッターでタイムアタックに入ったウイダーHSV-010の小暮卓史は1コーナーでのブレーキングミスでコースオフ。雨は止んだものの、路面は以前と難しいウエットコンディション。各車ともに滑りやすい路面をタイムを出すために攻めていくアタックが多かった。

そんな中、8番目に出走したEPSON HSV-010は、中山がスーパーラップを担当。ハーフウエットの路面に強いダンロップタイヤの性能を余すところなく発揮して、1分43秒699をたたき出した。9番目に登場予定だったカルソニックIMPUL GT-R(松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)はトラブルによるエンジン交換のため、不出走。最後にMOTUL AUTECH GT-Rの本山哲が中山のタイムに挑んだが、1分44秒309で4番手タイムに終わり、EPSON HSV-010のポールポジションが決定した。

IMG_0382

中嶋悟監督率いるNakajima Racingにとっては2009年第7戦(富士)以来、約2年半ぶりのポールポジションとなった。またアタックを担当した中山は自らのアタックで勝ち取ったポールポジションは、これが初めてとなる。「自分が担当したアタックでポールを決められて嬉しいです。午前中より雨は少なくなっていて、自分達にとって良い方にコンディションが変わってくれたのでミスなく攻めて、集中してアタックしました」と笑顔でコメント。予選Q1で2位タイムを記録した道上も「浅溝でアタックを続けて、後半になって良いタイムが出ました。スーパーラップに上手くつなげる事ができました」とコメント。

スーパーラップで少しでも有利に走れるよう、難しいコンディションで攻め続けた道上と、プレッシャーに負けず完璧なアタックを決めた中山。2人のチームワークが決まってのポールポジション獲得だった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る