【SUPER GT】第2戦富士(GT300スーパーラップ):GAINER DIXCEL R8 LMSが圧倒的な速さでPP獲得!

DS3_0349
『撮影:SHIGE

SUPER GT第2戦FUJI GT500kmRaceのGT300クラスのスーパーラップが行われ、GAINER DIXCEL R8 LMS(田中哲也/平中克幸)が2位以下に2.7秒の大差をつける速さでポールポジションを獲得した。

午後2時00分から始まったGT300クラスのスーパーラップ。2番目に出走予定だったマネパ ランボルギーニ GT3の折戸学がマシントラブルのため出走を断念する波乱があったが、各車がウエットコンディションの中で白熱したスーパーラップバトルを繰り広げた。

その中でも、圧倒的な速さを見せたのが開幕戦ウィナーのGAINER DIXCEL R8 LMS。予選Q1ではベテランの田中が2位タイムを記録。相方の平中がスーパーラップを担当した。GT500同様に比較的雨量の少ない路面で高い性能を発揮するダンロップタイヤに助けられ、それまでS Road NDDP NISMO GT-R(関口雄飛)がマークしていた1分52秒690を2.441秒も上回る1分50秒249を記録。文句なしでポールポジションを獲得した。

IMG_0385

昨年、フェラーリ458で予選・決勝ともに何度も惜敗してきたGAINER。今回アタックを担当した平中は初のポールポジション(自身でのアタックによるPP)。予選後の記者会見で「朝のフルウエットの状態からスーパーラップまで走行していなかったので、最初は慎重にいきました。ウォームアップに出てみたら、思った以上に印象が良くて、限界まで攻める事ができました。今までスーパーラップでは良い結果を残せていなかったので、嬉しいです。」とアタックラップを振り返った。予選Q1を担当した田中は「今回、性能調整が入って、まだドライで走れていないので、正確なパフォーマンスを把握できていませんが、(GT500ともに)ダンロップタイヤが揃ってポールポジションを取れたということは大きな意味を持つと思います。マシンの力もあったけどダンロップタイヤのお陰で今回はPPを取れました。感謝しています。」とコメントした。

また2位タイムは3号車の関口がマークした1分52秒690だったが、セッション後の車検でリストリクター適用違反が見つかり、スーパーラップのタイムのみが抹消され、正式結果は9位となった。

注目の決勝レースは、明日(4日)14時00分から110周で争われる。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る