【SUPER GT】“みんなの想いを乗せて”クラッシュを乗り越えGSR ProjectMirai BMWが激走中!

IMG_0508

現在、SUPER GT第2戦の決勝レースが行われている富士スピードウェイ。今回最後尾からスタートしたGSR ProjectMirai BMW(番場琢/佐々木雅弘)にとっては特別レースとなっている。

昨日、大雨の中で始まったフリー走行。ダンロップコーナーでクラッシュを喫してしまったProjectMirai号。マシンフロント部分に大きなダメージを負ってしまい、予選は残念ながら不出走となってしまった。
チームは一晩でマシンを修復させ、翌朝のフリー走行に姿を現したが、急きょ用意したスペアのボンネットなため、全くカラーリングが施されていないカーボンカラーのまま状態。しかし、そのボンネットにチームを熱心に支える個人スポンサー、マシンを一生懸命修復したチームメカニックやスタッフ、そしてBMW Z4を提供してくれているドイツのBMW MOTORSPORTのスタッフが寄せ書きをした。

IMG_2023

今季から2台体制になったグッドスマイルレーシング。そのチームを支えている個人スポンサーの皆様、寄せ書きには「ガンバレ!」「てっぺんめざせ!」「安全運転!」など、4号車の応援メッセージが刻まれている他、本来はProjectMiraiのかわいいキャラクターがデザインされていたが、それを再現するようにイラストも描かれていたり、スポンサーである「SEGA」のロゴを再現した寄せ書きもあった。

IMG_0693

この寄せ書き入りのマシンと共にスターティンググリッドについた番場琢は「昨日はクラッシュしてしまってメカニックの皆や応援してくれている人たちに申し訳なかったんですけど、ただボンネットにこんな寄せ書きをしてくれるとは思ったいなかったので、見たときは感動したし、みんなの想いを乗せて最後までレースを戦いたいと思います。500kmと長丁場のレースだし、最後尾なので追い上げていくだけなので、しっかりタイヤマネジメントをして、レース中の接触を避けられるよう、ちゃんと注意して良い結果を目指したいです。」と意気込みを語ってくれた。

昨年、チームと個人スポンサー全員の力でシリーズチャンピオンを勝ち取ったグッドスマイルレーシング。その“大きな団結力”で第2戦最後尾スタートという困難な状況と戦っている。
現在、52周を終了して15位まで順位を上げてきたGSR ProjectMirai BMW。残り半分、みんなの想いを乗せてチェッカーまで突き進んでいる。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る