【F1】第7戦カナダGP:予選レポート(予選結果あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

CANADIAN GRAND PRIX F1/2012

2012年のF1世界選手権シリーズで唯一となる北米ラウンド、第7戦カナダGPが8日(金)から開幕し、現地時間の9日(土)に公式予選が行われた。

昨年は決勝レースで大雨となり、赤旗中断などで大混乱のレースとなったが、今週末は大きな天候の変化もなく、公式予選は気温24℃、路面温度40℃のドライコンディションで始まった。

まず20分間で行われた予選Q1ではセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が1分14秒661でトップタイムを記録。フリー走行3回目のトップタイムに続き、好調さをアピールした。この他も特に大きな波乱はなく、小林可夢偉(ザウバー)も16位でQ2へ進出する。

注目ドライバーが順当に勝ちあがったQ2は、トップから10位(Q3進出圏内)までのベストタイムが0・5秒以内にひしめくという大激戦。ここでもベッテルが1分14秒187を記録しトップ通過。フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)と続く。可夢偉も1分14秒688と好タイムをマークしたが、わずかに0.008秒差でトップ10入りを逃し、11位でQ2ノックアウトとなってしまった。

CANADA F1 GRAND PRIX 2012

そして、最終のQ3。ハミルトンを先頭に10台がポールポジションをかけたタイムアタックに出かけていく。Q2での激戦状況をみると0.001秒単位での僅差の争いになることが予想されたQ3だったが、ここでも現王者ベッテルが群を抜く速さを披露。1回目のアタックで1分13秒905を記録、さらに2回目のアタックで自らのタイムをさらに更新し、1分13秒784で今季2回目、通算32回目のポールポジションを決めた。

2位には最終アタックで逆転したハミルトン、3位はわずか0.064秒でハミルトンに負けたアロンソが入った。
日本時間の11日(月)午前3時00分からスタートするカナダGP決勝。今回はベッテル、ハミルトン、アロンソと注目の歴代チャンピオン経験者がトップ3に並び、ガチンコ勝負の70周レースが期待される。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る