【F1】第7戦カナダGP:予選レポート(予選結果あり)

CANADIAN GRAND PRIX F1/2012

2012年のF1世界選手権シリーズで唯一となる北米ラウンド、第7戦カナダGPが8日(金)から開幕し、現地時間の9日(土)に公式予選が行われた。

昨年は決勝レースで大雨となり、赤旗中断などで大混乱のレースとなったが、今週末は大きな天候の変化もなく、公式予選は気温24℃、路面温度40℃のドライコンディションで始まった。

まず20分間で行われた予選Q1ではセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が1分14秒661でトップタイムを記録。フリー走行3回目のトップタイムに続き、好調さをアピールした。この他も特に大きな波乱はなく、小林可夢偉(ザウバー)も16位でQ2へ進出する。

注目ドライバーが順当に勝ちあがったQ2は、トップから10位(Q3進出圏内)までのベストタイムが0・5秒以内にひしめくという大激戦。ここでもベッテルが1分14秒187を記録しトップ通過。フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)と続く。可夢偉も1分14秒688と好タイムをマークしたが、わずかに0.008秒差でトップ10入りを逃し、11位でQ2ノックアウトとなってしまった。

CANADA F1 GRAND PRIX 2012

そして、最終のQ3。ハミルトンを先頭に10台がポールポジションをかけたタイムアタックに出かけていく。Q2での激戦状況をみると0.001秒単位での僅差の争いになることが予想されたQ3だったが、ここでも現王者ベッテルが群を抜く速さを披露。1回目のアタックで1分13秒905を記録、さらに2回目のアタックで自らのタイムをさらに更新し、1分13秒784で今季2回目、通算32回目のポールポジションを決めた。

2位には最終アタックで逆転したハミルトン、3位はわずか0.064秒でハミルトンに負けたアロンソが入った。
日本時間の11日(月)午前3時00分からスタートするカナダGP決勝。今回はベッテル、ハミルトン、アロンソと注目の歴代チャンピオン経験者がトップ3に並び、ガチンコ勝負の70周レースが期待される。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る