【鈴鹿サーキット】新アトラクション「レーシングシアター」のメディアお披露目会に小林可夢偉が登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

racingtheater20

7月7日(日)にオープンする鈴鹿サーキットの新アトラクション「レーシングシアター」のメディアお披露目会が29日に開催され、晴天に恵まれた鈴鹿サーキットに多くの報道陣が集まった。

開場50周年を迎えた鈴鹿サーキットに新しく誕生する新アトラクション「レーシングシアター」。今までゴーカートなど実際の乗り物でモビリティを体験してもらうのがメインだったが、今回はバーチャル空間でモータースポーツを議事体験できるアトラクションとなっている。

racingtheater09 racingtheater05

今日のメディアお披露目会には、現在F1世界選手権で活躍中の小林可夢偉(ザウバー)も参加。忙しいシーズン中の帰国にも関わらず、元気な姿で報道陣の前に登場した。特別招待された地元の小学生たちと一緒にシアター内を見学、完成したてのアトラクションも実際に体験した。「子供達がモータースポーツを分かりやすく体験できますね。このアトラクションをきっかけにモータースポーツファンが増えてくれることを願っています」と、本物のモータースポーツを疑似体験できるアトラクションに興味津々の様子だった。

racingtheater02

今年も10月5・6・7日のF1日本グランプリに出走する可夢偉。3度目の母国レースに向けて意気込みを語ってくれた。
「鈴鹿はザウバーにとっては相性の良いコースなので良いレースをしたいです。昨年も僅差から僅差の争いでしたが、今年は間違いなくもっと僅差になっていると思います。それが見どころでもあるし、僕他にとってもチャンスだと思っています。先日、アロンソが母国で優勝し、地元ファンの前で大活躍しましたが、自分もあのように鈴鹿で良い結果を残せるように頑張ります。」

racingtheater16 racingtheater07
[左:メインシアターは全席バケットシート]
[右:レース中にライダー・ドライバーがあたる風を再現し、体験できるスペース]

来週の土曜日にオープンする「レーシングシアター」。ドライバーと同じ目線で鈴鹿サーキットを疾走する疑似体験ができるメインシアターをはじめ、モータースポーツに必要な能力や実際のマシンなどを体験できる「ディスカバーモータースポーツ」。実際に鈴鹿サーキットでのレースで活躍したマシンが展示されている「レジェンドオブ鈴鹿」など、盛りだくさんのコンテンツとなっている。

racingtheater11 racingtheater08
[左:メインシアター入口も本物ピットガレージを再現し、レースの雰囲気を味わえる]
[右:過去の鈴鹿で活躍した本物のマシンも展示されている]

これから鈴鹿8耐(7月)、ポッカGT(8月)、F1日本グランプリ(10月)と、ビックレースが控えている鈴鹿サーキット。レース観戦に行った際には是非体験していただきたいアトラクションだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る