【SUPER GT】鈴鹿サーキット公開合同テストがスタート!両クラスのマシンが集結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ポッカ1000kmを1か月後に控えた7月20日、三重県の鈴鹿サーキットでSUPER GTの公開合同テストが行われた。

 

20・21日の2日間で開催されるテスト。1か月後に迫ったSUPER GT第5戦ポッカ1000kmに備えるため、両クラス合わせて36台のマシンが集結した。1初日の今日はあいにくの雨に見舞われたものの、来週にはSUPER GT第4戦SUGOも控えているため、そこで使用予定のタイヤのデータ取りも含めて、各車が積極的に集会を重ねた。

GT500クラスは、シリーズに参戦する全15台が登場。トップタイムはS Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)で2分00秒981をマーク。2位にはEPSON HSV-010(道上龍/中山友貴)が入り、雨に強いミシュラン、ダンロップタイヤが速さをみせた。

GT300クラスは、前回セパンで3位表彰台を獲得したtriple a vandage GT3(吉本大樹/星野一樹)が2分10秒426でトップタイムを記録。2位には今季からGT300に参戦を果たしているS Road NDDP NISMO GT−R(関口雄飛/千代勝正)が入り、マシンの熟成に大きく役立った一日となった。

また、来週の第4戦SUGOから参戦が決まっている無限CR-Z GT(武藤英紀/中嶋大祐)も鈴鹿に登場。66号車から4.5秒遅れのクラス9位のタイムで1日目を終えている。

この公開合同テストは明日も開催され、セッションの合間には実際のレース同様にピットウォークやドライバートークショーも行われる他、19:30から一足先に花火も打ち上げられる予定だ。

明日も遊園地入場料金(大人1,600円)でスタンド観戦やピットウォークの参加、パドックエリアへの入場も可能。まだSUPER GTを観たことがない方は、是非この機会を利用して観戦してみてはいかがだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る