【SUPER GT】第4戦SUGO(GT300決勝):S Road NDDP NISMO GT-Rが初優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

『Photo:SHIGE』

SUPER GT第4戦SUGOの決勝レース、GT300クラスはS Road NDDP NISMO GT−R(関口雄飛/千代勝正)が参戦4戦目での初優勝を飾った。

スタートからポールポジションのHANKOOK POESCHE(影山正美/藤井誠暢)を先頭にトップ9台による数珠つなぎの展開。その中でスタートドライバーを担当したルーキーの千代が徐々に順位を上げていく。ポルシェやランボルギーニといった海外のGT3マシンは燃費が悪く、30周を過ぎたあたりからピットイン。しかし千代は上位陣の中では一番遅い42周目でピットインし、関口にバトンを渡し、3位でコースに戻る。最初はタイヤの温まりの関係でペースが上がらなかったが、徐々に“関口らしい”アグレッシブな走りをみせ、50周目にはメルセデスSLSを抜くと、タイヤの消耗でキツくなったプリウスGTをロックオン。57周目に抜いてトップに浮上した。

その後も、他を圧倒する走りをみせた関口がそのままチェッカーを受け、チーム初優勝を飾った。

2007年以来、5年ぶりの優勝となった関口は「これまで内容は良かったけど結果がでないレースが続いていたので、今回は結果が出て嬉しいです」と安堵した表情をみせた。ルーキーの千代にとってはデビュー4戦目での初優勝。「初めてのGTで最初は戸惑った部分も多かったですが、今日はちゃんとレースが出来ました。チームも色んなシュミレーションを立ててサポートしてくれたので、感謝しています。」と笑顔で語った。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  2. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  3. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  4. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  5. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る