【鈴鹿50th】鈴鹿50周年アニバーサリーデーが開幕!懐かしいマシンたちが集結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

F1日本グランプリや鈴鹿8耐、ポッカ1000km、2輪WGPなど数々の名レースの舞台となってきた鈴鹿サーキットが開場50周年を迎え、それを記念する「鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー」がついに開幕した。

 

会場となる鈴鹿サーキットには、午前8時のゲートオープンを前に、鈴鹿でレースを知って、鈴鹿に通い続けてきた多くのモータースポーツファンが集まり、グランドスタンドを埋め尽くしている。
ゲートオープン時にはスコールのような雨が降ったものの、天気予報通り日差しが戻ってきており、イベント日和の1日となりそうだ。

 

 

GPスクエアには50周年を記念するグッズショップが大きく展開されており、50周年記念の限定グッズからマシンのレプリカパーツなど、鈴鹿に通ってきたファンにとっては必見のアイテムがズラリと並んでいる。

1978年の鈴鹿8耐で優勝したGS1000(ヨシムラジャパン)、ホンダがF1に初挑戦した時のRA272、1991年にル・マン24時間レースで総合優勝を果たしたマツダ787Bなどが多数集結。昔の鈴鹿サーキットにタイムスリップしたかのように早朝から懐かしいマシンたちが元気よく走行してる。

今日はWGPや鈴鹿8耐で活躍したバイクやポッカ1000kmで駆け抜けたモンスターマシン、そしてF1日本グランプリで多くのファンを魅了したマシンによるデモ走行が予定されている他、3月のファン感から続いている「中嶋悟×星野一義 夢のF1対決」最終決戦も行われる。

観戦塾では今週末も、熱気あふれる鈴鹿サーキットの様子を現地レポでお届けしていく予定だ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  2. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…
  3. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  4. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  5. [table id=81 /]…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る