【鈴鹿50th】50周年記念セレモニーが盛大に開催

2日目を迎えた鈴鹿サーキット50周年記念セレモニー。この日最初のメインイベントとして「50周年記念セレモニー」がメインストレート上で行われた。
まず最初に株式会社モビリティランドの曽田浩社長が来場した多くのファンに挨拶した。

「鈴鹿サーキットは1962年ににほん。このサーキットが50年という長い間、多くのお客様をお迎えすることができたのも、モータースポーツと鈴鹿サーキットを愛していただいている多くの皆様のおかげでございます。本当にありがとうございます。このアニバーサリーデーは鈴鹿サーキットのみではなく、2輪・4輪、時代やメーカーの枠を超えて、モータースポーツの歴史を振り返ると共に、今後の発展に繋げる場と考えております。我々はこれからも新たな企画・提案で、モータースポーツを次の時代にふさわしい姿に変化させていきたいと考えております。」

創業以来、多くの自動車メーカーが技術を磨く場所として愛されてきた鈴鹿サーキット。今回の50周年をお祝いするために、各メーカーから来賓が多数来場。それぞれのメーカー自慢の1台に乗って、メインストレートに姿を現した。

トヨタ自動車株式会社の内山田竹志 取締役副会長が代表して挨拶。「50年に渡り鈴鹿サーキットが日本のモータースポーツ文化に貢献してきた功績は大変大きいと思います。まずは皆さんとご一緒に鈴鹿サーキットに対し“50周年おめでとう!”“今までありがとう!”という気持ちをお伝えしたいと思います。」

今回の鈴鹿サーキット50周年は多くの自動車メーカーやクルマ・バイク、モータースポーツに関わる全ての人から祝福されているイベントだと、改めて会場全体が実感した瞬間だった。

そして、これからも鈴鹿サーキットの歴史は続いていく。8耐などで恒例のカウントダウンを行い「ゴー!」とスタンドのファンと共に掛け声で、これから始まる新たな未来、51年目に向けてスタートを切った。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る