【鈴鹿50th】ファンとドライバーが「鈴鹿50年の歴史」に触れたアニバーサリーデーが閉幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2日間に渡り、多くのレーシングカーやレーシングバイクのデモ走行が行われた鈴鹿サーキット。2日間の締めくくりは2輪最高峰のWGPバイクと来月も開催予定のF1世界選手権で活躍したF1マシンが登場。50周年をお祝いするために駆けつけてくれたゲストドライバー・ライダーの皆さんも「これが最後だから」と全開走行を披露してくれた。

2輪WGPでは1993年にWGP250ccクラスでチャンピオンを勝ち取った原田哲也が登場。現役引退以降、なかなか国内2輪レースの場になかなか姿を現さず、久しぶりに彼の姿を見るというファンも多かった。原田は97年にM・ビアッジが使用していたNSR250に乗ってのデモ走行を披露。本人も「久しぶりのライディングでビビった」と金曜日に語っていたが、現役時代の感覚を取り戻してきたのか、最後はトップスピードでメインストレートを駆け抜けた。

続く鈴鹿F1レジェンドでは、昨日同様にアレッサンドロ・ナニーニ氏がラルースLC90に乗り込んで素晴らしい走りを披露。2日目ということで感覚もつかめてきたのか昨日よりペースアップしていた。

 

そして2日間の最後を飾ったのはホンダRA106を担当した小暮卓史。「なかなかF1マシンに乗せてもらう機会がないのに、今回2日間も乗ることができ、しかも優勝マシンを担当させていただくなんて、本当に光栄です」と走行前に嬉しそうな表情をみせた小暮。一説によると、このアニバーサリーデーのためにホンダ・コレクションホールのスタッフが2年間かけてマシンのパーツを集めて、走行可能な状態に仕上げたという。

多くの人の想いが詰まった1台で勢い良くコースインした小暮。まさにF1日本グランプリのフリー走行を行なっているかのようなレーシングスピードでコーナーを攻め、メインストレートもアクセル全開。集まった32,000人のファンを魅了した。

 

こうして2日間のアニバーサリーデー全日程が終了。最後は登場した名車が再びコースに出て、最後までお付き合いいただいたファンに感謝のパレードランを行った。

2日間で延べ62,000人が来場。それぞれのファンが「鈴鹿でレースに熱中した頃」のマシン・バイクが登場。それぞれが大好きだった“あの頃のレース”にタイムスリップ。50年という節目を迎えるにあたって、その歴史を振り返ることが出来た貴重な2日間だった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る