【SUPER GT】第6戦富士(GT500予選):カルソニックIMPUL GT-Rが今季初PP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

SUPER GT第6戦富士の公式予選が8日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が今季初のポールポジションを獲得した。

5月の第2戦とは異なりノックアウト方式で行われ、GT500・300ともにポールポジションをかけた激しいアタック合戦が繰り広げられた。

14時00分のスタートを前に急に曇りだし、近くの御殿場市では雨も降っていたが、幸いサーキットは予選を通して降雨はなかった。

予選Q1でまず最初にピットアウトしたのがS Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)。前回鈴鹿で優勝し、今回は86kgという重いウェイトハンデにも関わらず朝の公式練習から好調。Q1でも1分33秒292でトップタイムをマークした。
続く予選Q2では、ホンダHSV勢が苦戦を強いられる。ストレートの長いコースで知られる富士スピードウェイでは、どうしても日産・レクサス勢に遅れを取る。Q1でもウイダーHSV-010(小暮卓史/カルロ・ヴァン・ダム)を中心に3台がノックアウト。唯一生き残ったKEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大)も8位でQ3進出を逃してしまう。

ホンダ勢の全滅により、日産GT-RとレクサスSC430の一騎打ちとなった最終Q3。ここで抜群の速さをみせたのがインパルGT-Rのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ。1分32秒990をマークし、今季初のポールポジションを獲得。2位MOLA GT-Rが入り、結局日産勢がフロントローを独占した。

3位には、前回鈴鹿1000kmの終盤に素晴らしい追い上げをみせたKeePer Kraft SC430(国本雄資/アンドレア・カルダレッリ)が入り、以下6位までがレクサスSC430勢という結果になった。

序盤戦は勝利がなく、厳しいレースが続いていたGT-R勢が完全に息を吹き返し、明日の決勝は3メーカーによる激戦が展開されるだろう。

注目の決勝レースは9日(日)の14時00分から66周で争われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る