【F1】いよいよ決勝日がスタート!鈴鹿サーキットは今週一番の盛り上がり

いよいよ2012年のF1日本グランプリも、最終決勝日を迎えた。
この日も朝7時30分からのゲートオープンを前に、多くのF1ファンがゲート前で待機列を作り、朝から鈴鹿サーキットは熱気に包まれた。

 

 

昨日の予選では4位で終えた小林可夢偉(ザウバー)。3位だったジェンソン・バトン(マクラーレン)がギアボックスによる5グリッド降格が決定しているため、3番手からのスタートが確定。今日の東京中日スポーツも「可夢偉、表彰台いける」と大きく1面で取り上げられており、早速手にとって読んでいるファンも多かった。

 

今日のF1は15時からの決勝のみということで、ドライバーたちも比較的遅い時間にサーキット入り。憧れのドライバーを一目見ようと、ゲート周辺やグランドスタンド裏のパドックへと道路脇にはたくさんのファンが詰めかけ、ドライバーを見つけると笑顔で手を振っていた。

 

今年で24回目となる鈴鹿でのF1日本グランプリ。毎年観戦に来ている方の多くは「1年に一度、鈴鹿で会う仲間」も多く、GPスクエアなど、場内各所で1年ぶりの再開を果たし、時間の許す限りF1談義に花を咲かせていた。

 

 

また、今日から鈴鹿サーキット入りし、決勝レースのみ観戦というファンも非常に多く、サーキットの入口となるGPエントランスをバックにして記念撮影を行うファンも多く、年に1度しか味わうことの出来ないF1日本グランプリの雰囲気を堪能していた。

今日は、15時00分から注目のF1日本グランプリ決勝が53周で争われる。注目は3番手からスタートする小林可夢偉。日本人3人目の表彰台を鈴鹿で決めることができるのか?期待が集まる。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る