【F1】日本GP決勝:悲願達成!可夢偉が鈴鹿で初の3位表彰台!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

F1第15戦日本グランプリの決勝が鈴鹿サーキットで行われ、日本の小林可夢偉(ザウバー)がレース序盤から常に上位争いに加わるレース運びをみせ、見事3位表彰台を獲得した。

3番手スタートの可夢偉は、不安視されていたスタートを見事に決め、2位のマーク・ウェバー(レッドブル)をパス。その直後に後続で多重クラッシュが発生し、セーフティカーが導入。リスタート後もトップのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)を必死に追いかけるも、鈴鹿を大得意とする現王者は独走態勢を築いていき、可夢偉は後続のジェンソン・バトン(マクラーレン)やフェリペ・マッサ(フェラーリ)とのマッチレースになっていく。

1回目のピットストップでマッサに先行を許してしまい、3位におちてしまうものの、4位のバトンとは常に安全なマージンを保ってレース後半を迎える。

一方、トップのベッテルは2位マッサを着実に引き離しトップをキープ。いつの間にか国際映像に取り上げられなくなるほどの“独走態勢”を築いていく。

可夢偉の表彰台が見え始めたレース終盤。初の表彰台に向けて最後の試練が訪れた。
第2スティントのハードタイヤが消耗が進み始めた31周目。可夢偉がいち早く動き2回目のタイヤ交換を終える。ここからきっちりと自己ベストタイムを連発し、バトンとの“見えないマージン”を稼いでいった。一方のバトンは35周目にピットイン。可夢偉はバトンを5秒先行して3位を死守する。

しかし、先にタイヤ交換した分、先に摩耗が進み始めたのは可夢偉のタイヤ。残り10周というところでペースが落ち始め、バトンに1.5秒後方まで迫られる。終盤にきて苦戦し始めた可夢偉を勇気づけたのは、スタンドに詰め掛けた103,000人のファンが一致団結して可夢偉に声援を送り、彼を後押し。

最後は0.5秒後方まで詰め寄られた可夢偉だったが、何とか持ちこたえて3位でチェッカー。日本人では史上3人目。そして鈴鹿では1990年の鈴木亜久里以来、実に22年ぶりの母国表彰台を獲得した。

 

パルクフェルメに戻ってきた可夢偉を大声援でファンが出迎え、優勝したベッテル、2位のマッサが自ら歩み寄ってがっちりと握手。表彰式開始前には、どこからともなく可夢偉コールが沸き起こり、鈴鹿サーキット全体が可夢偉一色になった。

表彰式でトロフィーを大きく掲げ、シャンパンファイトではベッテル、マッサからも祝福をうけた可夢偉。恒例の表彰台インタビューではジャン・アレジ氏が登場。そこで可夢偉は「皆さんありがとうございました!今日、初めてのポディウムが鈴鹿ということで驚いていますが、ここにきて改めて、鈴鹿で表彰台に登れたことを誇りに思います!ありがとうございました!」とファンに向かって挨拶。

鈴鹿に詰め掛けたファンも大歓声で可夢偉を祝福した。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る