【F1】来季のシートが続々と決定。ライコネンはロータス残留、ヒュルケンベルグはザウバー移籍へ

 

2012年のF1世界選手権も終盤戦に突入。セバスチャン・ベッテル(レッドブル)とフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)のチャンピオン争いに注目が集まっているが、その裏で来季に向けての動きが活発になっている。

まず、ロータスはキミ・ライコネンが来季もチームに残留することを発表。2010、2011年の2年間はWRC(世界ラリー選手権)など他のレースに参戦、F1から遠ざかっていた。復帰初年度となった今季は2位表彰台を3回獲得するなど、インドGPを終えて173ポイントを獲得。ランキング3位につけている。チャンピオンの可能性も現時点では残っているものの、ポイント差が大きくついており厳しい状態。チャンピオン争いも重要だが、まずは復帰後の初優勝を早く見たいというファンも多いかもしれない。来季のさらなる活躍を期待したい。

そして、先日から噂が飛び回っていたニコ・ヒュルケンベルグ(現フォースインディア)のザウバーチーム移籍が31日(水)に正式発表された。2010年にウィリアムズからF1デビューを飾ったヒュルケンベルグ。その後はフォースインディアのサードドライバーを経て、今季のレギュラーシートを獲得。今季は49ポイントを獲得しランキング12位。2009年のGP2王者であり、デビューイヤーのブラジルGPで雨の予選を制してポールポジションを獲得するなど、上位争いに加わってきてもおかしくない実力は十分に持っているドライバー。来季はキャリア3チーム目となるザウバーでどのような走りを見せてくれるのか?注目が集まる。

なお、ロータス、ザウバーともに発表したドライバーは1名だけ。日本のファンの多くは小林可夢偉の去就が気になるかもしれない。現時点で新しい情報は入ってきておらず、交渉に難航しているという噂ばかり出回っている。しかし確実に言えることは両チームともに“あと1枠ずつ空きがある”ということ。まだまだチャンスは残っているのだ。

日本GPで3位表彰台を勝ち取ってからは結果が残せていない可夢偉。まずは今週末のアブダビGPでポイント獲得を目指して全力で攻めてほしいところだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る