【FSW】サーキットサファリや同乗走行など、TGRFは大盛り上がり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

快晴の中、多くのファンが来場しているTGRF。気づけばグランドスタンドは国内レースを思わせるような賑わいになり、活気にあふれている。

オープニングセレモニーでの和太鼓演奏に合わせて、TOYOTA86を駆って登場した豊田章男社長。「今年も良い天気の中、TGRFを開催できます。皆さん、一日楽しんでいってください。」とグランドスタンドに詰め掛けたファンに挨拶。コース上やパドックを中心に各所で様々な色々なイベントがスタートした。

 

毎年、普段のレースでは体験できないプログラムが用意されているTGRF。今年も大人気のサーキットタクシーが行われ、抽選で当たった38名のファンが、現在GTやF・ニッポン、F3にニュル24時間で活躍するドライバーが操る車両に同乗。レーシングスピードに迫る迫力ある走行を披露した。

 

その後、SUPER GTでは恒例イベントとなっているサーキットサファリが行われ、SUPER GTとフォーミュラ・ニッポンのマシンが走るサーキット内に観光バスが入り、間近で走り去っていくマシンの姿を車内から楽しんだ。今回はイベントということもあり、ドライバー達もリラックスした様子。バスの横でスローダウンすると、ファンに向かって手を振るなど、TGRFならではの光景が見られた。

 

基本的にコース上は様々なマシンのデモ走行が行われ、まずは「ヘリテイジ・オブ・トヨタ」と題して、1992年のSWCモンツァ戦で優勝を飾ったTS010が登場。当時、このマシンを駆っていた関谷正徳氏が富士スピードウェイに甲高い、そして懐かしいエキゾーストノートを響かせた。ニュー・トヨタ7も登場し、一緒にデモ走行を行った。

また、メインステージではドライバートークショーが行われ、早朝に行われたSUPER GTトークショーでは多くのファンが参加した。

 

午後になっても注目コンテンツが盛りだくさん。関係者の間でも「今年のTGRFは特に持ち上がっている」という声が上がるほど、富士スピードウェイは熱気に包まれている。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  2. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  3. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  4. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  5. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る