【F1】ウィリアムズが来季のドライバーを発表、リザーブのボッタスが昇格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

28日、ウィリアムズチームが2013年シーズンのドライバーズラインナップを発表。今季スペインGPで初優勝を挙げたパストール・マルドナードはそのまま残留し、リザーブドライバーのバルテリ・ボッタスが昇格して新たにレースシートを獲得した。

ボッタスはフィンランド出身の23歳。6歳からカートを始め、フォーミュ・ルノーやF3などで活躍してきた。2010年にはウィリアムズのテストドライバーとしてチームに加入。今季は第15戦日本GPをはじめ、多くのレースで金曜日フリー走行を担当。そこでの評価もあり今回のレギュラー昇格が決まった。キミ・ライコネン、ヘイキ・コバライネンに続いて、また新たなフィンランド人ドライバーが登場することになる。

一方のマルドナードはこれで3年目のシーズンをウィリアムズで迎えることになる。デビューイヤーだった2011年は苦しいレースが続き、わずか1ポイント(ベルギーGP10位入賞)のみの獲得に終わったが、今年はスペインGPで初優勝を飾るなど、上位に顔をだす機会も増え、トータル45ポイントでランキング15位に終わった。

そのマルドナードの活躍もあり、76ポイントで前年を上回るコンストラクターズ8位を手に入れたウィリアムズ。スペインGPで7年半ぶりの優勝を手にした。まだまだ名門復活への道のりは長いが、新人ボッタスを迎えた新体制のウィリアムズに注目したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る