【NEWS】Hondaが2013年モータースポーツ体制を発表、来季GT500に新車両投入を明言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月8日(金)、東京・青山にあるホンダ本社ビル1Fで、2013年のモータースポーツ体制発表会が開催された。

 

14時00分からの体制発表会に先立ち、青山のホンダ本社前にはモータースポーツ参戦車両が展示され、お昼休みで外出していたOLやサラリーマンが足を止めて記念撮影を行うなど、活気に満ち溢れていた。その中に、(後ほどご紹介するが)今季から2台体制となるCR-Z GTの55号車が展示され、会場に集った報道陣からも注目を集めていた。

14時00分から本田技研工業の伊東社長も出席して発表会がスタート。この様子はUSTREAMでも生中継配信され、多くのファンが国内外レースのHonda参戦体制発表の瞬間を見守った。

【2輪】
 

まず2輪ではMotoGPに今年も継続してワークス参戦。チームの大黒柱に成長したダニ・ペドロサに加えMoto2王者のマルク・マルケスも新加入。さらにマシンのカラーリングも一新し、再びライダーズタイトル奪還を目指す。

【WTCC】
 

4輪では今年からWTCC(世界ツーリングカー選手権)に2台体制でフル参戦。ドライバーを努めるティアゴ・モンテイロ、ガブリエル・タルキーニが登場、今年はタイトル獲得を目指し一致団結してシーズンに挑む。

【SUPER GT】
 

そして、国内最高峰のSUPER GTはGT500は昨年同様に5チーム10名のドライバーが参戦。GT300は昨年途中から参戦を始めたCR-Z GTの2台体制を決定。さらにドライバー体制も一新された。

<Honda 2013 SUPER GT体制>
#8 オートバックス・レーシング・チーム・アグリ(GT500)
タイヤ:ブリヂストン
ドライバー:ラルフ・ファーマン/松浦孝亮
#17 KEIHIN REAL RACING(GT500)
タイヤ:ブリヂストン
ドライバー:金石年弘/塚越広大
#18ウイダー・モデューロ童夢レーシング(GT500)
タイヤ:ミシュラン
ドライバー:山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ
#32 EPSON NAKAJIMA RACING(GT500)
タイヤ:ダンロップ
ドライバー:道上龍/中嶋大祐
#100 チーム国光(GT500)
タイヤ:ブリヂストン
ドライバー:伊沢拓也/小暮卓史
#16 TEAM無限(GT300)
タイヤ:ブリヂストン
ドライバー:武藤英紀/中山友貴
#55 オートバックス・レーシング・チーム・アグリ(GT300)
タイヤ:ブリヂストン
ドライバー:高木真一/小林崇志

さらにレギュレーションが大幅に変更される来季のGT500。その参戦車両をこれまでのHSV−010から昨年からお披露目されている新NSXコンセプトをベースにした車両での参戦が決定したことも発表された。

【スーパーフォーミュラ】

今年から新たに名称が変わるスーパーフォーミュラはHP REAL RACINGが2台体制、TEAM無限もシーズンを通して2台体制となり、合計8台での参戦が決定。さらに昨年終盤にスポット参戦し、話題を集めた佐藤琢磨が今年もスポット参戦することが決定。いきなり開幕戦(鈴鹿2&4レース)にエントリーすることも明らかにされた。

<2013スーパーフォーミュラ Hondaチーム・ドライバー体制>
HP REAL RACING
#10 塚越広大
#11 中山友貴
TEAM無限
#15 佐藤琢磨(スポット参戦)
#15 小林崇志(スポット参戦)
#16 山本尚貴
NAKAJIMA RACING
#31 中嶋大祐
#32 小暮卓史
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
#40 伊沢拓也
#41 武藤英紀

【INDY】

今年もエンジンサプライヤーとして7チーム11台にエンジン供給を行うHonda。日本勢では今年も佐藤琢磨がAJフォイト・レーシングに移籍して参戦4年目を迎える。

この体制発表を迎え、報道陣の前で挨拶した伊東社長は「Hondaは今年も“夢”に向かって活動していきたいと思っています。その象徴として“世界で一番のもを作ろう!その技術力が我々にはあるんだ!”という信念を胸にモータースポーツに挑戦しています。今年も皆様の応援をよろしくお願いします。」とコメントした。

今年も、WTCCやMotoGPといった世界選手権に参戦する一方で、王座奪還に燃えるSUPER GT、スーパーフォーミュラなどの国内レースでの熱い走りから目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る