【F1】2013オーストラリアGP:フリー走行2回目もベッテルが最速。レッドブルがワン・ツー発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

2013年のF1開幕戦オーストラリアGP。初日のフリー走行2回目がメルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われ、午前中に引き続きセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がトップタイムを記録。同僚のマーク・ウェバーが2番手に続き、昨年のチャンピオンチームが好スタートを切った。

日本時間の14時30分から1時間半にわたって行われた2回目のフリー走行。午前中同様にドライコンディションで行われ、各チームが積極的に周回を重ねた。同GPでは初めて投入されるスーパーソフトタイヤが午後の2回目では登場。もちろん、ミディアムタイヤだった1回目のタイムを上回り、トップのベッテルは唯一1分25秒台となる1分25秒908を記録。2位のウェバーも1分26秒172と25秒台のタイムは出なかったものの、3位以下のライバル達に約0.2秒の差をつけ、レッドブル勢が頭一つ抜き出る速さをみせた。

3番手には冬季テストで好調だったニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)。しかし、セッション後半にマシントラブルでストップ。同チームに移籍したルイス・ハミルトンもターン6でコースオフするなど、冬季テスト同様にトラブルやアクシデントに見舞われ、明日に向けて不安要素が残る金曜フリー走行となった。

4番手にはキミ・ライコネン、5番手にはロメイン・グロージャンと冬季テストで好調だったロータス陣営がしっかり上位に食い込んできた。明日の予選、日曜日の決勝でどのような走りを見せてくれるのか、注目が集まる。

開幕戦オーストラリアGPの公式予選は日本時間の16日(土)13時00分からスタートの予定。今日は晴天に恵まれたものの明日は雨予報が出ており、開幕戦から波乱の展開が待ち受けていそうだ。果たして、2013年最初のポールシッターは誰になるのか?明日の予選から目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る