【F1】2013マレーシアGP(予選):ベッテルが雨のQ3を制し開幕2連続PP!

©Getty Images
©Getty Images

2013年のF1第2戦マレーシアGPの公式予選が現地時間の23日(土)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

この予選では雨の予報が出ており、天候がどうなるか心配されていたが、気温32℃、路面温度41℃のドライコンディションでスタートしたQ1。まずは上位陣を中心に今年から新しいカラーリングになったハードタイヤを装着してコースイン。しかし、トップ16台の「Q2進出圏内」に入るべく、中団グループを中心にミディアムタイヤを積極的に投入。その中でも1年ぶりにF1復帰を果たしたエイドリアン・スーティル(フォースインディア)が1分36秒809でトップタイムを記録。周囲を驚かせた。

続く15分間のQ2、ここで速さを見せたのが開幕戦オーストラリアGP予選でも上位に食い込んできたニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)。Q1最速タイムを0.7秒上回る1分36秒190で暫定トップに立つ。ほぼ全員が1度目のタイム計測を終えたところで、心配されていた雨が本格的に降り始め、路面はウエット状態に。これでさらなるタイムアップは見込めなくなり、ロメイン・グロージャン(ロータス)やポール・ディ・レスタ(フォースインディア)らがQ2で姿を消すことになった。

そして最終Q3はウエットコンディションでのスタート。各車インターミディエイトタイヤに履き替えてスタート。わずか10分間のQ3は路面状況が良くなる最後のラップまでタイムアタック合戦が続き、トップタイムを出したのが王者セバスチャン・ベッテル(レッドブル)。最後に1分49秒674を叩きだし2戦連続で通算38回目のポールポジションを獲得した。2番手にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)、3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)とフェラーリ陣営がチャンピオンの背後につける予選結果となった。

開幕戦で優勝を飾ったキミ・ライコネン(ロータス)は1分52秒970で7番手。しかしQ3の最中にタイムアタック中のロズベルグを進路妨害したとして、3グリッド降格ペナルティが下った。これにより決勝は10番グリッドからスタートする予定だ。

注目の決勝は日本時間の24日(日)17時00分からスタート予定。今年もレース中にスコールなどで雨が降る可能性も高く、昨年同様に大波乱の決勝になりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る