【JSB1000】秋吉耕佑が貫禄のポール・トゥ・ウィン!高橋巧が追い上げ2位!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©MOBILITYLAND
©MOBILITYLAND

全日本ロードレース選手権の開幕戦ツインリンクもてぎの決勝レースが31日(日)に行われ、ポールポジションからスタートした秋吉耕佑(F.C.C. TSR Honda)が後続に大差をつけ優勝を飾った。

決勝日を迎えたツインリンクもてぎは、朝から雨。完全なウエットコンディションの中でレースを迎えた。ウォームアップ中も転倒するライダーが続出し、コースチェックなどの安全確認を行った結果スタートディレイとなり、当初の19周から16周に減らされてJSB1000クラス決勝がスタートした。

©MOBILITYLAND ©MOBILITYLAND
©MOBILITYLAND

ポールポジションの秋吉はそのまま抜群のスタートでトップを死守すると、あっという間に後続を置き去りにして独走態勢を築いていく。後続では予選Q2で転倒し10番手スタートとなった高橋巧(MuSAShi RT ハルク・プロ)が徐々に追い上げ2位まで浮上。秋吉攻略のためにペースを上げるものの、その姿を捉えることはできなかった。

結局最後まで手を緩めず攻め続けた秋吉は2位高橋に17.4秒もの大差をつけて優勝。昨年はシーズン直前の怪我で参戦できなかったもてぎラウンドを制した。2位には高橋、3位には昨年のチャンピオン中須賀が入り、現在の国内2輪を代表するライダーが表彰台に登った。

©MOBILITYLAND
©MOBILITYLAND

レース後の会見で秋吉は「昨年は開幕直前に転倒して、怪我によりもてぎ大会に出場出来ませんでした。それだけに、今回の優勝は感無量です。」とコメント。中須賀に奪われてしまったシリーズチャンピオンを奪還するべく、最高のスタートを切った。

次回は4月13・14日に鈴鹿サーキットで「鈴鹿2&4レース」としてスーパーフォーミュラとの併催で第2戦が予定されている。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る