【S-GT】2013第1戦岡山:赤旗続出の大波乱の予選!GT300はスバルBRZが初ポール!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

SUPER GT第1戦岡山。午後の予選は大波乱の展開となった。午前中に引き続き大雨に見舞われた岡山国際サーキット。14時00分から予定されていた予選も、コースの安全確認のため10分ディレイしてGT300クラスのQ1がスタートした。今年はレギュレーションが変更され2ラウンド・ノックアウト方式となり、Q1は15分間の25台から上位13台に絞られる。

コースオープンと同時に各車一斉にコースイン。気温11℃、路面温度13℃という寒いコンディションで雨も強く降る中、タイムアタックを試みる。しかし、激しい雨に見舞われコースアウトするマシンが続出。早速マネパ ランボルギーニGT3(織戸学/青木孝行)がコースオフし赤旗中断。その後も再開してはコースオフするマシンが続出し、赤旗中断を繰り返す展開。結局、残り3分を残したところでコースオフマシン続出のためQ1は終了された。この影響により最後のタイムアタックにかけていたPanasonic apr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)やMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)がノックアウトされてしまう。

続くGT500のQ1での赤旗や天候状況を確認するためにセッションが中断する変則的な流れになり、結局大幅に遅れた15時45分からスタート。Q1よりも雨が弱まり、各車がポールポジションを求めて一斉にタイムアタック。昨年同様にFIA-GT3車両がトップタイムを塗り替えていく中、唯一JAF-GT車両でQ2に残ったSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)が飛び抜けた速さをみせ、それまでのトップタイムを1秒以上も上回る1分41秒040をマーク。ライバルたちも最後までタイム更新に挑むが、結局Q2を担当した佐々木のタイムを上回ることができずチェッカーフラッグ。2012年にデビューしたスバルBRZが初めてポールポジションを獲得した。

2位にはS Road NDDP GT-R(星野一樹/佐々木大樹)、3位にはGAINER DICXEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)が入った。

Q2で圧巻の走りをみせた佐々木は「このシーズンオフの間、チームがほぼ毎日徹夜してマシンを徹底的に改良してくれた。タイムを出したのは僕だけど、Q2につなげてくれた山野さんをはじめチーム全員のおかげです。」とコメント。Q1では当落線上ギリギリの13位で通過した山野は「明日は一番有利なポールからのスタート。ドライではまだまだ厳しい部分があるけれど、ベストを尽くしてまたこの会見場に戻ってきたい。」と意気込みを語った。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る