【S-GT】第1戦岡山(GT300決勝):メルセデスSLSでも独走!ゲイナーが岡山2連覇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

SUPER GT第1戦岡山ラウンド。GT300クラスは3番手スタートのGAINER DICXEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)が優勝。昨年に引き続き、岡山ラウンド2連覇を果たした。

ポールポジションはSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)。決勝でも好走が期待されたが、ドライコンディションのFIA-GT3勢の前には太刀打ちできず、徐々に交代していってしまう。代わってトップに経ったのは2番手スタートのS Road NDDP GT-R(星野一樹/佐々木大樹)。日産に復帰した星野一樹がリードを広げようとするが、今年からメルセデスSLSに変更したゲイナーのビルドハイムがピッタリと背後につく。その差を1秒以内に縮めると11周目のアドウッド・カーブで抜きトップ浮上。その後はまさに独走状態となり、気づけば2位以下に15秒近い大差を築く。

©KANSENZYUKU

このまま順調に進むかと思われたが、レース中盤のドライバー交代の際に、同じチームのGAINER Rn-SPORTS SLS(田中哲也/植田正幸)がマシントラブルでピットイン。そのタイミングが重なってしまい作業に小さな混乱が見られたが、それまでの大量リードに助けられトップで復帰する。その後も順調に周回を重ね、最終的に2位に上ったGSR初音ミクBMW(谷口信輝/片岡龍也)に11秒のリードを築いてフィニッシュした。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

昨年も優勝したゲイナーは岡山ラウンド2連覇。今年はエースドライバーとしてチームを引っ張る存在となった平中は「まず一言で言うなら“ホッ”としています。今年はGT500での経験があるビルドハイム選手が加入し、チームも勝つためにメルセデスSLSを選んでくれました。この開幕前にもダンロップタイヤさんが開発に力を入れてくださり、色々なデータを集められていました。なので、ここで勝たなければいけないレースでした。チーム全体で勝つために凄くこだわったレースだったので、しっかり勝てて良かったです。」

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

一方、新加入での初勝利となったビルドハイムは「僕にとっては新しいチーム、新しいタイヤで今シーズンは自分自身には新しいチャレンジだった。ゲイナーはGTでも実績のあるチームでシーズンオフのテストも膨大なスケジュールが用意されていましたが、そこでしっかり走りこんで準備ができた。それがレースで生きたなと感じた。ここまでしっかりサポートしてくれたチームスタッフに感謝したい。」と今回の勝利を振り返った。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る