【INDY】2013第2戦アラバマ:ハンターレイが接戦を制し今季初V、琢磨はトラブルもあり14位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

2013年のIZODインディカー・シリーズの第2戦がアラバマ州のハーバー・モータースポーツパークで行われた。

開幕戦St.ピーターズバーグで予選2位につけ幸先の良いスタートを切った佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)。今回も予選Q2に進出し、最終的に4番手タイムを叩き出した。しかし、同セッション中に他車のタイムアタックを妨害したとして痛恨のペナルティ。結局12番手からスタートを切ることになった。

予選の不運を吹き飛ばすかのようにレース序盤は積極的に攻めた琢磨。ポジションを3つ上げて、さらに前を目指した。しかし、不運は決勝中にも起こってしまう。2回目のピットストップの際にギアボックスのトラブルでエンジンストール。再スタートに時間がかかってしまい、23位まで後退しています。それでも粘り強く走り続け、最終的に14位まで挽回してフィニッシュした。

©INDY CAR
©INDY CAR

「レース結果は残念なものとなりましたが、私たちは激しいレースで、いい戦いをゴールまで続けることができたと思います。ピットストップで問題が発生し、ポジションを大きく落としましたが、そこから私たちはばん回し、最後のピットストップは見事なものになっていました。クルーたちはいい仕事をしてくれました。まだいくつかの課題が残されていますから、それらを次のロングビーチまでに解決したいと思います。そして、今日見せたスピードを次のレースでも発揮できることを楽しみにしています」(HondaRacing公式サイトのコメントより)

©INDY CAR
©INDY CAR

レースを制したのは2012年王者のライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)。ポールポジションからスタートし、一時はレッドタイヤ(ソフトタイヤ)で追い上げてきたエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)にトップの座を明け渡すが、最終スティントに自身も新品のレッドタイヤを投入し再逆転。最後は怒涛の勢いで追い上げてきたスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)とデッドヒートを展開。わずか0.6363秒先にハンターレイがチェッカーを受けた。

次回は第3戦ロングビーチが4月20・21日の日程で開催される。その間の4月13・14日には佐藤琢磨が帰国し、国内最高峰のスーパーフォーミュラ開幕戦(鈴鹿)にもスポット参戦予定。こちらもファンにとっては見逃せないレースになりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る