【S-GT】2013第2戦富士:GT300は最後の最後で大波乱!プリウスGTが逆転で初優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

SUPER GT第2戦の決勝、スタートから終始MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)がリードしてきたGT300クラスは、最後の最後でまさかの展開が待ち受けていた。

決勝レース速報(Part1)
決勝レース速報(Part2)

第2スティントを担当した中山友貴も安定した走りで後続に40秒近い差をつけ独走。75周目に2度目のピットストップを行い、武藤英紀に再度バトンタッチ。その後もGT300のファステストラップを叩き出すなど後続に詰め寄られる気配を全く感じさせない走りを披露。ハイブリッドGTカーとして初優勝は確実と思われていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ところが、チェッカーまで残り16周というところで武藤が緊急ピットイン。急激なバイブレーションを感じ、ピットに報告。このレースではタイヤのパンクが多発しており、直前にも3位を走行していたマネパランボルギーニ GT3(織戸学/青木孝行)もタイヤがパンクし後退。タイヤのバーストする危険を避けるためのピットインだった。幸い、タイヤカスを拾ったことによるバイブレーションだったとことだが、これで2位を走行していたPanasonic apr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)にトップの座を明け渡してしまう。武藤も最後までプッシュし続けたが16秒もの差がついており、万事休す。昨年の第1戦から参戦を始めたプリスGTが10戦目にして初優勝を飾った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

パルクフェルメに戻ったプリウスに乗り込んでいた新田守男は、マシンを降りると感極まって涙を見せた。基本的にGTに参戦しているマシンは大半がスポーツカー・スーパーカーがベース。ハイブリッド勢のライバルであるCR-Z GTもスポーツカーに分類されている。その中でハイブリッドカーとして日本で知られている乗用車をベースにしたマシンでの参戦とあって、ここまで長く苦しい道の連続だったが、ようやく報われる瞬間が訪れた。

2位には、悔しいレースとなってしまった無限CR-Z。FIA-GT3勢など、強豪たちを抑えて日本を代表するハイブリッドGTカーがワン・ツーフィニッシュを飾るとう快挙を成し遂げた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る