【鈴鹿8耐】ケビン・シュワンツが21年ぶりに8耐参戦が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

今年も7月25〜28日に三重県の鈴鹿サーキットで開催される2013 コカ・コーラゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース第36回大会に、元世界GPライダーのケビン・シュワンツ氏が現役に復帰し、21年ぶりに参戦することが発表された。

チームはJSB1000にも参戦しているTeamKAGAYAMA。エースの加賀山就臣と8耐最年少優勝記録を持つ芳賀紀行のコンビがすでに決定しているが、ここにシュワンツが加わって、まさに“ドリームチーム”が誕生することになった。

©KANSENZYUKU
[鈴鹿50周年ファン感謝デー(2012年3月)のトークショーで共演したシュワンツと加賀山]

1993年にWGPチャンピオンに輝いたシュワンツは、その前年(1992年)に鈴鹿8耐に出場。2位表彰台を獲得している。昨年、鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デーに来場した際に「僕が現役の時も、鈴鹿サーキットはライダーの安全やファンのことを考えて毎年のように進化していて、とても好きなサーキットだ。鈴鹿8耐も何度か参戦して、表彰台にも上がったことがある。でも、優勝がない。これがとても残念な事実だ。最高のマシンと、速くてタフな2人のライダー、そしてそのライダーが鈴鹿サーキットを熟知していれば、僕が8耐に出て勝つチャンスは十分にある。」とコメントしていたが、そのチャンスが実に21年ぶりに訪れることになった。

©MOBILITYLAND
[1992年の8耐でのシュワンツの走り(©MOBILITYLAND)]

実際のレースからは遠ざかっている48歳のシュワンツ。現在はアメリカでライディングスクールを主催しており、日常的にバイクに乗っているから感覚的には問題ないとのこと。
「今からあの酷暑の『真夏の祭典』が楽しみで仕方ないね。ずっと言い続けているけど、僕は鈴鹿8耐ではまだ優勝経験がない。どうしても優勝して、僕のレース・キャリアの1ページに残したい。」と優勝を狙っている様子。

当時シュワンツを応援していたファンにとっては、今年の8耐は見逃せない1戦になりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る