【WEC】2013第2戦スパ:アウディ勢が表彰台を独占!7号車トヨタはトラブルで脱落

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

現地時間の4日(土)に決勝が行われた2013年のWEC第2戦スパ6時間。最高峰のLMP1クラスはポールポジションからスタートした#1 Audi R18 e-tron quattro(アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ/マルセル・ファスラー)が168周を走破して今季初優勝を飾った。

予選からライバルのトヨタ勢を圧倒し、トップ3を独占したアウディ勢。決勝スタートではアップデートされた2013年仕様のTS030 HYBRIDが2位に浮上。その後も一時はトップを快走し、開幕戦は手も足も出なかったアウディ勢と互角のレースをする。しかし、折り返しとなる3時間を過ぎたところで7号車のステアリングを握っていた中嶋一貴が、ブレーキ部分に異常を訴え緊急ピットイン。回生エネルギーシステムのトラブルで無念のガレージイン。そのままリタイアとなってしまった。6月のル・マン24時間レース優勝を見据えて今回投入されたアップデートバージョンのTS030 HYBRIDだったが、大きな課題が残る結果となってしまった。

最大のライバルが脱落すると、あとはアウディの独壇場。序盤はピットストップの関係で順位を落としていた1号車がトレルイエ、ファスラーと安定した速さでバトンをつなぎトップを奪還。残り2時間を切り、満を持してエースのロッテラーにステアリングを託す。

©DPPI MEDIA ©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

この時点で2位の#2 Audi R18 e-tron Quattro(トム・クリステンセン/ロイック・デュバル/アラン・マクニッシュ)に十分なリードを築いていたが、自分のスティントが始まるとファステストラップを連発。1周あたり約2秒速いペースで後続を引き離し独走。開幕戦では最後の最後で逆転を許した2号車に1分05秒もの大差をつけてチェッカー。今季初優勝を飾った。2位にはそのまま2号車アウディが入り、3位も#3 Audi R18 e-tron Quattro(ルーカス・ディ・グラッシ/マルク・ジェネ/オリバー・ジャービス)が続き、表彰台を独占した。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る