【NEWS】笹原右京、初表彰台を目指しF・ルノー2.0ALPS第2戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今シーズン、フォーミュラ・ルノー2.0ALPSに参戦する笹原右京。開幕戦バレルンガではレース1・2ともに8位入賞。4輪レースのデビュー戦で、その存在感をみせつける走りを披露した。

今週末に行われる第2戦は伝統のエンツォ・エ・ディノ・フェラーリ・サーキットが舞台。過去にもF1サンマリノGPとして開催されていたサーキット。反時計回りで複合コーナーも多く、丘陵地帯に作られたコースのため高低差も大きく、ドライバーの腕が問われるコースで、初の表彰台を目指す。

笹原はシーズン前にテスト走行のために訪れ、しっかり走り込みを行った。その時の感触こそ良くなかったものの、バレルンガでのレースから今回に向けて“克服しなければいけないこと”は明確になっているようだ。

「昨年10 月と今年3 月にかなり走り込んだサーキットです。そのときのテストでは、クルマの調整や自分の走りこそいまひとつ納得できないものでしたが、タイムだけを⾒れば意外にも上位で終えられました。しかも、バレルンガの開幕大会や今年4 月のミサノのテストでクルマの調整や自分の走りはさらに進化しているので、迎えるイモラのレースはとても楽しみというのが正直なところです。開幕大会ではルーキーの僕でも意外に通用するんだと分かりましたし、課題が明らかになったスタートも、エンジニアとデータを解析したので今度はうまくいくと思います。」

米インディでは佐藤琢磨が初優勝を飾り、欧州でも小林可夢偉(WEC)、佐藤公哉(AUTO GP)で大活躍中。17歳で海外を舞台に挑戦する笹原も、この流れに乗って第2戦での素晴らしい走りに期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る