【JSB1000】第3戦オートポリス:雨の予選を制し、柳川明が今季初PP!好調の秋吉は7位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回も国内トップの2輪・4輪レースが同日開催される「オートポリス スーパー2&4レース」が1日、大分県のオートポリスで開幕。早速、全日本ロードレース選手権の最高峰JSB1000クラス公式予選が行われ、柳川明(TEAM GREEN)が2分01秒009で今季初のポールポジションを獲得した。

午前中から雨が降り続きウエットコンディションの中で始まった公式予選。柳川は順当にQ2に進出すると、雨が強くなり始めたコースを果敢に攻め、2位以下に0.9秒の大差をつけ、ポールポジションを奪った。

予選を終えた柳川は「オートポリスはドライでも難しいのですが、雨が降るとさらに難しくなるので大変な予選でした。でも1番(ポールポジション)になれて良かったです。今回はドライでもウエットでも高いレベルで走れるように仕上がってきているので、明日のコンディションがどうなるのかはまだ分かりませんが、現地に来ていただいたファンの皆さんに良いレースをお見せしたいです。」とコメント。鹿児島県出身で、ここオートポリスは地元でありホームコースでもある。長年、走り込んだ経験が激しい雨の中でもしっかりと好タイムを叩き出した結果につながったのだろう。

なお2位には加賀山就臣(TEAM KAGAYAMA)、3位には2012年チャンピオンの中須賀克行(ヤマハYSPレーシングチーム)が入った。今季絶好調のホンダ勢は大雨のオートポリスに苦戦。最高は高橋巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)の4位が最高。現在ポイントリーダーで開幕2連勝中の秋吉耕佑(F.C.C. TSR Honda)は7位に終わった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る