【INDY】2013第7戦デトロイト(Race2):リタイアした琢磨「本当に残念な結果」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

インディカー・シリーズ第7戦デトロイトのRace2。今期ワーストとなる21番手からスタートした佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)。今週末はマシンセッティングが今ひとつ噛み合わず、前日のRace1でもガス欠で大きく後退と流れが悪くなっていた。それでも、諦めずに最後まで走行。後半スティントではレッドタイヤのテストも行うなど、今回のRace2に向けて準備を進めてきた。

スタートから順調に順位を上げ、またフルコースコーション時のピット作業も上手くこなし、トップ10圏内まで浮上していた。しかし24周目にトリスタン・ボーティエと接触し、そのままコース脇のバリアにヒット。今季初のリタイアを余儀なくされてしまった。

Hondaの公式サイトでコメントを発表した琢磨、さすがに今回は悔しさでいっぱいのようだ。
「ターン3で接触し、リタイアとなってしまいました。とても残念です。あそこはもう何度も2台が並んで走り抜けているコーナーです。ブレーキングで真横に並びかけていたわけですから、私がアウト側にいることを彼は知っていたはずです。そのような状況では1台分のスペースを相手に与えるようにとドライバーズミーティングで全員が確認をしていたのですが、アクシデントは起こってしまいました。起こってしまったことは仕方ありませんが、マシンが土曜日よりいいセッティングになっていただけに本当に残念な結果です」(Honda公式サイトより)

これでポイントランキング6位に後退してしまった琢磨。チャンピオン争いの事を考えても今週末は大きな痛手となってしまったが、シリーズはまだまだ前半戦。続く第8戦のテキサスで挽回するレースに期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る