【SGT】2013第3戦セパン:GT300はARTA CR-Z GTが初V!今回もハイブリッドGTがワン・ツー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©GTA
©GTA

 2013年のSUPER GT第3戦セパン決勝。GT300クラスは予選同様にホンダCR-Z GTが終始レースをリードする展開となった。スタートではポールポジションのARTA CR-Z GT(高木真一)を先頭にMUGEN CR-Z GT(武藤英紀)、SUBARU BRZ R&D SPORT(佐々木孝太)と続く展開。ウェイトハンデが0kgの55号車の高木は序盤から逃げて行きたいところだったが、16号車の武藤がそれを許さず勝負を挑んでいく。高木も何度かピンチになるシーンがあったがなんとかトップを死守しながら周回を重ねた。

 レース中盤。最低1回は必要なドライバー交代を兼ねたピット作業のタイミングになると、先に動いたのが16号車。23周目にピットインし中山友貴にドライバー交代。その2周後に55号車もピットに入るが作業に手間取り、ついに16号車にトップを明け渡してしまう。前回富士ではトップを独走するも終盤にタイヤカスを拾ったことによるバイブレーションが発生。緊急ピットインをよぎなくされ2位となってしまった16号車。その悔しさを晴らすために中山はプッシュを続けたが、ホンダ期待の若手小林崇志もGT300クラスでの初優勝を目指し猛追。ついに41周目の1コーナーで中山をとらえ、再び逆転に成功した。

 その後も両者の緊迫したバトルは続いたが、ウェイトハンデの軽さを最大限に活かしきった55号車の小林が逃げ切りチェッカー。CR-Z GTにとってGT300初優勝を飾った。16号車は2戦連続の2位表彰台。今回もハイブリッドGTカーが海外のFIA-GT3勢を抑えて堂々のワン・ツーフィニッシュを飾った。3位には後方から着実に追い上げてきたGAINER DICXEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)が入り、ポイントランキングでもトップを死守した。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る