【2013ル・マン24H】<決勝速報5>中野信治が乗る25号車が無念のリタイア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

ナイトセッションになってもコース各所で激しい順位争いが続いているル・マン24時間レース決勝。しかし、毎年ドライバーやチームを苦しめる“ル・マンの魔物”が本格的に目を覚まし始め、LMP2クラスで奮闘していた中野信治の25号車を襲った。

スタートから8時間を迎えようとしていたところで、25号車をドライブしていたT・グレイブスがクラッシュ。これによりセーフティカーが導入されることとなった。なんとかピットまで戻ろうと試みたものの、マシンの損傷が酷く。チームはリタイアを決断。予選ではクラス4番手につけ、大混戦のLMP2クラスで優勝争いができる位置につけていたが、スタート直後にトラブルに見舞われ大きく後退。なんとか24時間は走りきろうとチーム一丸となって頑張っていたが、レースの半分を消化する前に残念な結果となってしまった。

リタイアが決まった後、中野は自身のツイッターで「マシンのダメージが大きくピットに戻る事が出来ずにリタイアが決定してしまいました。彼は朝に続いて2度目のクラッシュでした。言葉がありません。応援して頂いた皆さんに申し訳ない。速い車も作ったのに。。スタート後の速さがそれを 証明してた。本当に悔しい。」とコメント。また同じクラスに参戦している井原慶子が乗る28号車も、序盤から抱えているトラブルにより大きく後退しており、こちらも苦戦が強いられている。

今年は波乱続きの決勝レース。しかし、レースはまだ半分も消化していない。この後、トップ争いを含めどのようなドラマが待っているのか、目が離せない。

<ル・マン24時間総合順位(9時間分終了時点)>
1位2アウディ(トム・クリステンセン/ロイック・デュバル/アラン・マクニッシュ)135周
2位7トヨタ(アレキサンダー・ブルツ/ニコラ・ラピエール/中嶋一貴)+1Lap
3位8トヨタ(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/ステファン・サラザン)+1Lap

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る