【2013ル・マン24H】<決勝速報9>総合2・3位のトヨタ。残り6時間で逆転の可能性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©TOYOTA
©TOYOTA

スタートから18時間が経過した2013年のル・マン24時間レース。LMP1クラスは2号車アウディがトップを死守。それを1周差で2位8号車トヨタ、2周差で7号車トヨタが追いかけている。

当初はアウディよりピット回数を減らすため1スティント12周ペースで走行を続けていたが、トップの2号車を捉えることができず夜明けを迎え、今は1スティント11周のペースになっている。さらに17時間を経過したところで他クラスのマシンがオイルをばら撒いてしまいセーフティカーが導入。この間にピット作業を行った8号車がピット出口で先導位置の関係上、赤信号にひっかかってしまいタイムロス。トップとの差が2周に開いてしまった。

残り6時間。少しずつ逆転のチャンスがなくなり始めているが、トヨタ勢は今のところ大きなトラブルに見舞われておらず2台とも順調に周回を重ねている。一方のアウディは今年も万全な体制で決勝を迎え、アクシデントやトラブルなど何が起きても最低限のタイムロスで戦列に復帰できるような準備をチーム全体で行なってきていた。ところが、開始6時間40分を過ぎたところでトップを快走していた1号車アウディが緊急ピットイン。ガレージ内にマシンを戻すとメカニック総出でミッションを外して大幅なマシン修復を行うトラブルに見舞われた。

もちろん、同じR18 e−トロン クワトロを使う2号車にも同じトラブルが起きる可能性はゼロではない。また、ピット回数が多くなってしまう関係上、ゴールまでの6時間は0.1秒でも多くタイムを稼ぐために攻め続ける必要がある。その重要な場面で、今度は13号車のレベリオンレーシングがクラッシュ。これでガードレールが破損し、その修復が作業のために、またしてもセーフティカー導入。序盤同様に長時間に渡って隊列走行が続いている。

“勝つのに必要なチャンス”を得るための残り時間がなくなりはじめている両陣営。特に2周差で追いかける立場のトヨタ勢として、少しでも2号車アウディに食らえ付いていく粘り強い走りをして、プレッシャーをかけ続けていくことで、何か突破口が見えてくるかもしれない。

ゴールまで残り6時間。今年のル・マン24時間は最後の最後までどの陣営が勝つのか、まったく予想がつかない展開となっている。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る