【JSB1000】第4戦筑波(決勝):スタートで抜け出た津田拓也が今季初V。中須賀はリタイア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 2013年の全日本ロードレース選手権第4戦筑波ラウンドの決勝レースが1日(日)に茨城県の筑波サーキットで行われた。

 前日の予選でランキング首位の秋吉耕佑(F.C.C TSR Honda)が激しく転倒。左大腿骨を骨折する大怪我を負い、決勝レースは欠場を余儀なくされた。大本命が不在となったことで大混戦が予想されたJSB1000クラス。その中でも抜群の速さを見せたのは2番グリッドの津田拓也(ヨシムラスズキレーシングチーム)だった。スタートでPPの中須賀克行(ヤマハYSPレーシングチーム)を抜きトップに浮上すると、そのままレースを引っ張っていく。中須賀も逆転のチャンスを掴むべく、序盤から津田を猛追するが8周目に突然ペースダウン。そのままピットに戻りリタイアとなってしまった。

 これで後続との差に余裕が生まれ一気に楽になった津田は、そのままトップを誰にも渡すことなく30周を走り切りチェッカーフラッグ。嬉しい今季初勝利を手にした。2位には序盤から続いた混戦で競り勝った高橋巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)が入り、3位に柳川明(TEAM GREEN)が続いた。

 注目のポイントランキングは、上位にいた秋吉と中須賀が0ポイントだったため後退。代わりに今シーズンはまだ勝利がないものの、2位3回と安定したレースを見せている高橋が78ポイントでトップに浮上している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る