【F1】2013第9戦ドイツGP:金曜フリー走行は地元のベッテルがトップ、ロズベルグが2位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 2013年のF1世界選手権も折り返しの第9戦に突入。今週末はドイツGPが開催される。ホッケンハイムリンクとの交互開催で開催されているドイツGP。今回は1951年からの開催実績がある伝統あるニュルブルクリンクが舞台となる。

 初日に行われた2回のフリー走行。当初は雨が降る心配もあったが、午前中からドライコンディションで行われ、22台のマシンが2年ぶりに走行するテクニカルコースをチェック。マシンセッティングを念入りに行なっていた。

 トップタイムは先日の7月3日に26歳の誕生日を迎えたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。ここドイツは彼の母国GPではあるが、実は今まで優勝経験がなく、今回も地元ファンから期待が高まっている。今回は金色ベースのヘルメットで登場したベッテルは午後の2回目で1分30秒416をマーク。最近はメルセデスAMG勢が好調な中、彼らを抑えてのトップタイム。明日の予選に向けて幸先の良いスタートを切った。

 2位には、こちらも母国GPとなるニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)。トップとの差は0.2秒ではあるが、今回も一発の速さには自信がある様子。特にメルセデス陣営にしてもホームグランプリなだけに、今回も強敵レッドブル相手に勝利を掴むことが出来るのか、注目が集まる。

 3位にはベッテルの同僚マーク・ウェバーがつけ、4・5位には最近上位でフィニッシュできていないキミ・ライコネン、ロメイン・グロージャンらロータス勢がつける展開。さらにフェラーリ勢も加えコンストラクターズ上位4チーム8台が1秒以内にひしめく接戦の初日となった。

 注目の公式予選は、日本時間の6日(土)21時00分からスタート予定。ベッテルvsロズベルグのドイツ勢同士のポールポジション争いになる可能性も十分あり、明日の予選は今まで以上にハイレベルな展開が予想される。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る