【SF】[イベントレポ]フロンパーク内でのPRブースも盛況、選手たちもマシンに興味津々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

6日に等々力競技場で行われたスーパーフォーミュラのデモ走行イベント。ハーフタイム中にも関わらず川崎フロンターレ、鹿島アントラーズの両サポーターとも客席に残ってフォーミュラカーが目の前で走る様子にくぎづけになっていました。

この日は夕方からイベント会場「フロンパーク」内の道路を使用しての走行やタイヤ交換デモが行われた他、PRブースではお子様限定で乗り込み体験や抽選会、さらにマシンの展示も行われ、普段はなかなか目にする機会がないレーシングカーの登場に来場した多くのサポーターたちが足を止めて携帯やカメラで写真を撮る姿が多く見られました。

今回は、昨日ご紹介しきれなかった部分も含めてイベントレポという形で、等々力での様子を振り返っていこうかと思います。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

まずは試合前に多くのサポーターが立ち寄るイベント広場「フロンパーク」。今年もここにスーパーフォーミュラのPRブースが設置され、フォーミュラ・ニッポン時代のマシン「FN06」が展示。お子様限定でコックピット乗り込み体験が行われました。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

会場には富士スピードウェイのイメージガール“クレインズ”とツインリンクもてぎエンジェルも訪れ、パンフレットを配ったり来週行われる第3戦(富士)と8月3・4日に開催される(もてぎ)のPRを行いました。

©KANSENZYUKU

レースクイーンのお姉さんに話しかけられて・・・ちょっと照れちゃったかな?(笑)

©KANSENZYUKU

今回は「闘A!まんがまつり」ということで漫画・アニメつながりでスーパー耐久に参戦中のGRG LANCER EVO Xも登場!こちらも注目を集めていました。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ハーフタイム中のデモ走行を前に、まずは平川亮選手が“宇宙戦艦ヤマト2199”のデザインになっているKYGNUS SUNOCO Team LeMansでフロンパーク内の道路を使ってデモ走行を披露!タイヤ交換デモも行われ、初めてレーシングカーを生で見たファンは、その迫力に驚いていました。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

デモ走行で使用した道路は試合開始まで歩行者天国に。7号車はその場所で展示され、多くのサポーターが足を止めてコックピットやマシン各部を覗きこんだりしていました。これにはホーム・アウェイ関係なく鹿島アントラーズサポーターの皆さんも初めて見るレーシングカーにくぎづけ。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

平川選手の7号車にはすでにフロンターレステッカーが!一方、仮設のガレージで出番を待つ伊沢選手の40号車には、こっそりフロンターレのマスコットキャラクターふろん太くんが!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

大人・子ども問わず、レーシングカー初めて見て驚きの連続。
左「すげぇ。タイヤに溝がないよ。」、右「前が全然見えない〜」

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

左「僕も乗ってみたいなぁ」、右「こうやって撮ったらカッコイイかな。」

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

今ではスマホで気軽に写真が撮れるとあって、本当に多くの方が足を止めて写真撮影を行なっていました。それだけ、レーシングカーって存在感があるものなんですよね。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

いよいよ日が沈み、キックオフの時間が迫って来ました。レーシングカー(特にフォーミュラカー)はデモランの時であっても、しっかりエンジンの暖機をして走行に向けた準備を行わないと壊れてしまうことがあります。そのため、こちらも試合開始前に暖機運転を開始。「うわー、思ってた以上に音が大きい!」

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

今日の等々力も超満員!相手は強豪の鹿島アントラーズ。負けられない1戦です。こうして前半が行われている間に、2台のマシンはひっそりとスタート地点へ移動。スタンバイは完了!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

前半の45分が終了。中村憲剛選手のフリーキックが決まるなど川崎フロンターレが3−1でリード!一方、追う展開となってしまった鹿島スタンドは少し勢いがなくなっている様子。そこに2台のエンジンに火が入り、鹿島側のスタンドから登場!その瞬間に、場内の雰囲気は一気にスーパーフォーミュラモードに!平川選手、伊沢選手ともに限られたコンディションの中、迫力あるデモ走行を披露してくれました!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

無事に2周の走行を終えて、マシンから降りる2人。場内からは“スーパーフォーミュラ コール”が沸き起こり大盛り上がり!2人は用意されたユニフォームを着てフロンターレのスタンドへ笑顔で挨拶に向かいました。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

後半もフロンターレの快進撃は続き、4−2で勝利。試合後はマシンも再びセッティングされてフロンターレ選手らと記念撮影が行われました。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

Jリーグの選手たちも普段はなかなか目にする機会がないフォーミュラカー。中村選手をはじめ、皆さん興味津々。特に狭いコックピットを覗き込んでいたのが印象的でしたね。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

最後はマスコットキャラクターのふろん太くんと記念撮影する2人。今年も川崎フロンターレのサポーターの皆さんを中心に、普段は関わりがほとんどないスーパーフォーミュラを快く歓迎してくれ、そしてデモランでも大きく盛り上げていただいた一日となりました。

来週は、富士スピードウェイでスーパーフォーミュラ第3戦が行われ、今回のデモ走行より数十倍も迫力ある走りと0.001秒単位で繰り広げられるレースを観ることができます。Jリーグの試合観戦を通して興味を持った方は、是非来週の富士スピードウェイに足を運んでみてください!

富士スピードウェイ公式サイト
第3戦富士チケット情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る