【SF】2013第3戦富士:フリー走行は16台が1秒以内にひしめく大混戦!トムスが1−2発進

©KANSENZYUKU

全日本選手権スーパーフォーミュラの第3戦富士がいよいよ開幕。予選が行われる富士スピードウェイでは、1時間のフリー走行が行われた。

朝はやや涼しかったサーキットも時間が経つにつれて湿度が増し、曇りながらも蒸し暑く感じるコンディション。それでも各コーナーには自慢の一眼レフを持ったアマチュアカメラマンが1時間にわたって積極的にマシンの走行シーンを撮影する姿がみられた。

ここ富士スピードウェイは1.5kmのロングストレートがメインとなる他、ヘアピン状の1コーナーや後半のダンロップシケインなど、フルブレーキングで進入するコーナーなど、これまでの2コースとは大きく異なるキャラクターを持っている。各車は限られた時間を使って予選・決勝用のセッティング確認やブレーキングポイントの見極めなどを行なっていた。

残り5分になって予選のシミュレーションが始まると速さをみせたのが、ここ富士を得意とするトムス勢が上位を独占。アンドレ・ロッテラーが1分24秒986でトップに立つと、チームメイトの中嶋一貴も0.008秒差に迫る2位タイムをマーク。3位にジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Lenovo TEAM IMPUL)、4位にロイック・デュバル(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)などトヨタ勢がトップ5を独占するフリー走行となった。ホンダエンジン勢でのトップは小暮卓史(NAKAJIMA RACING)の6位。しかし、その差はわずか0.148秒と僅差。結局フタを開けてみれば1位ロッテラーから16位の小林崇志(TEAM無限)までが1秒以内にひしめく大接戦のタイムリザルトとなった。

注目の公式予選は13時50分から行われる。トヨタ有利のように見えるが、ホンダ勢にも予選で上位に食い込む可能性は十分残っており、Q1から激しいタイムアタック合戦が展開されそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る