【SF】2013第3戦富士(予選):ル・マン王者のデュバルが驚速ポールポジション!

©KANSENZYUKU

全日本選手権スーパーフォーミュラ第3戦富士。決勝のスターティンググリッドを決める公式予選が富士スピードウェイで行われた。

曇り空で比較的過ごしやすいコンディション。当初は雨が降るという予報はなかったが、開始直前に少しだけ雨がパラついていた。まず20分間で行われたQ1では、雨の懸念もあったため開始と同時にほぼ全車がコースインしタイムアタック。午前中のフリー走行では全車19台が1.4秒以内にひしめく大混戦となっていたため、ほんの一つのミスが命取りになるシビアな戦いがQ1から観られた。ここで速さを見せたのが先月ル・マン24時間耐久レースで優勝を飾ったロイック・デュバル(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)。いきなり1分24秒993を叩き出してQ1トップ通過を果たす。2位以降も富士を得意とするトヨタエンジン勢が上位を占め、逆にホンダ勢で今季好調の伊沢拓也(DOCOMO DANDELION RACING)、山本尚貴(TEAM無限)、小暮卓史(NAKAJIMA RACING)が当落線上ギリギリのところでQ2進出を果たした。

続くQ2では、タイヤのウォームアップの関係上、各車が早めにコースイン。しかし、Q1でトップだったデュバルと、そのチームメイトの平川亮は他車とは1周分遅いタイミングでコースイン。ウォームアップなしでいきなりタイムアタック。平川は1分25秒246でQ3進出とはならなかったが、デュバルは自身が先ほど出したタイムをさらに更新する1分24秒557を記録し、ここでもトップ通過。2位に一貴、3位に国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)がつけた。一方、チャンピオン争いをしている松田次生(Lenovo TEAM IMPUL)伊沢拓也(DOCOMO DANDELION RACING)らが9・10位でノックアウト。8位の山本と松田の差はわずか0.008秒。まさにタッチの差で明暗が分かれた。

ポールポジションが決まる最終Q3。ここでもデュバルの勢いは止まらず1分24秒708を早々と記録。ここでも好調なトムス勢、セルモ勢がチェッカーまで連続してタイムアタックに挑むが届かず、約3年ぶりにデュバルが日本トップフォーミュラでポールポジションを獲得した。2位には最後に飛び込んできた国本。自己最高のフロントローからスタートする。3位には今日7月13日が誕生日のジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Lenovo TEAM IMPUL)が入った。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る